Microserver Remote Access Cardのパスワード回復

概要

HP ProLiant Microserver のリモートアクセスカード(以下、RACと表記)のログインパスワードを誤って設定してしまい、ログインできなくなってしまいました。
adminのパスワードを初期化して回復することができましたので、その際の対処手順を記載します。

環境

  • HP ProLiant Microserver N54L
  • HP ProLiant Microserver用 Remote Access Card
  • ホストOS: CentOS6.5

事故状況

RACの管理者「admin」のパスワードを初期値の「password」から別の文字列に変更し保存した。
タイプミスにより想定と違った文字列が2回連続で入ってしまったようで、二度とログインできなくなった。

対処手順 (ざっくり概要)

  1. OSにIPMI管理ツールをインストールする
  2. IMPIコマンドからRACのadminパスワードを変更する
  3. 変更したパスワードでRACにログインできるか確認する
  4. 改めてパスワードを設定する

対処手順 (詳細)

参考情報

HP MicroServerリモートアクセスカード ユーザーマニュル
(以下、本稿では上記ドキュメントを指して「マニュアル」と記載)

IPMI Toolのインストールと操作方法入門

手順1. OSにIPMIツールをインストールする

マニュアルp.62 「BMCユーザー名とパスワードの回復」では以下のように記載されています。

実際にはこのコマンドは通りません。
CentOS的には「OpenIPMI-tools」をインストールし、「ipmitool」コマンド(先頭が小文字)を叩くのが正手順です。

これで「ipmitool」コマンドが打てる環境になりました。

ユーザ名の取得を試みます。

/dev/ipmiXX が見つからないと怒られました。

以下の記事を参考に対処します。

Error in running ipmitool & ipmiutil “Could not open device at /dev/ipmi0 or /dev/ipmi/0 or /dev/ipmidev/0”

  • ipmi_devintf をロード
  • ipmi サービス再起動

上記対処後、ipmitool raw コマンドが通りました。

手順2. IMPIコマンドからRACのadminパスワードを初期化する

マニュアルの記載に従い、adminのパスワードを「a」に初期化してみます。

補足
CLIから16進で複雑な文字列を指定するのはしんどいので、ここでは一時的な簡易パスワードとして「a」に変更しておき、ログインできるようにしてからGUIで改めて複雑なパスワードに変更するのがよいと思います。

投入コマンド
ipmitool raw 0x06 0x47 0x02 0x2 0x61 0x0 0x0 0x0 0x0 0x0 0x0 0x0 0x0 0x0 0x0 0x0 0x0 0x0 0x0 0x0

0x61の後ろには「0x0」が15個並びます。

実機ログ

これでadminのパスワードが変更されました。
特にRACの再起動などは不要です。

手順3. 変更したパスワードでRACにログインできるか確認する

RACの管理IPアドレスにブラウザでログインできるか確認します。

ユーザ名: admin
パスワード: a

手順4. 改めてパスワードを設定する

RACの管理GUIからパスワードを再変更します。
・・・が、正直今回の失敗でこりたので、以下の対処をとりました。

  1. adminユーザでログイン
  2. 管理者権限を持つユーザアカウントをRACに新規作成し、そちらのアカウントで確実にログインできることを確認する
  3. adminユーザのパスワードを複雑なものに変更する

まずはユーザ名「admin」、パスワード「a」でログインします。

microserver_rac_pass_01.png

無事ログインできたら、ユーザを新規作成します。
ID:3が空き番なので、ここに任意のユーザ名とパスワード、User Roleは「Administrator」でユーザを指定します。

microserver_rac_pass_02.png

microserver_rac_pass_03.png

新規作成したユーザでログインし直し、ユーザ名に「 (Administrator) 」と表記されていることを確認します。

microserver_rac_pass_04.png

microserver_rac_pass_05.png

adminユーザのパスワードを複雑なものに変更します。

microserver_rac_pass_06.png

いったんログアウトし、adminユーザで新しいパスワードでログインできることを確認します。

これで回復作業は完了です。

同様の失敗を防ぐために、今後RACで作業をするときにはadminユーザではなく、今回新規作成したユーザを普段使いにするのがよろしかろうと思います。

以上

CSR1000vでのパケットキャプチャ方法

概要

Cisco IOS-XEのEPC(Embedded Packet Capture)機能を使い、
CSR1000vのインタフェース上でパケットキャプチャを行う手順です。

環境

Platform: CSR1000v
IOS-XE Version: 03.13.00a.S

<br /> RouterB#show version<br /> Cisco IOS XE Software, Version 03.13.00a.S - Extended Support Release<br /> Cisco IOS Software, CSR1000V Software (X86_64_LINUX_IOSD-UNIVERSALK9-M), Version 15.4(3)S0a, RELEASE SOFTWARE (fc2)<br />

手順
## 1. キャプチャの設定投入

初期状態ではキャプチャが何も稼働していないことを確認。

<br /> RouterB#show monitor capture<br /> RouterB#<br />

例として、以下の設定でキャプチャ定義を作成
– キャプチャ: cap1
– インタフェース : GigabitEthernet 2
– 方向: 入出力の双方向でキャプチャ(both)
– IPv4のすべてのTCPパケットを対象

<br /> RouterB#monitor capture cap1 interface GigabitEthernet 2 both<br /> RouterB#monitor capture cap1 match ipv4 protocol tcp any any<br />

キャプチャのフィルタは上記のようにmonitorコマンドにIn-lineで書くパターンの他に、
別途名前付きACLを定義しておいて、紐付けるパターンもあります。

たとえば、以下のように使い分けるとよいかもしれません。
– キャプチャ条件がシンプルで、キャプチャ作業も1回こっきり
– 機器の既存コンフィグを汚したくない
→→キャプチャ対象ををインラインで定義

  • キャプチャ条件が複雑で、後から修正・追加が発生しそうな気がする
    – キャプチャ作業自体が定常的に発生する
    →→名前付きACLでキャプチャ対象を定義


名前付きACLを定義
RouterB#conf t
RouterB(config)#ip access-list extended LDP
RouterB(config-ext-nacl)#permit tcp any any eq 646
RouterB(config-ext-nacl)#end

キャプチャ定義「cap2」に紐付け<br /> RouterB#monitor capture cap2 access-list LDP interface GigabitEthernet 2 both<br />

2. キャプチャの開始

startオプションで定義済みキャプチャを開始します。

<br /> RouterB#monitor capture cap1 start<br />

正しく開始されたか、show monitor captureコマンドで状況確認します。
Status欄が”Active”であればキャプチャが開始されています。


RouterB#show monitor capture

Status Information for Capture cap1<br /> Target Type:<br /> Interface: GigabitEthernet2, Direction: both<br /> Status : Active<br /> Filter Details:<br /> IPv4<br /> Source IP: any<br /> Destination IP: any<br /> Protocol: tcp<br /> Buffer Details:<br /> Buffer Type: LINEAR (default)<br /> Buffer Size (in MB): 10<br /> Limit Details:<br /> Number of Packets to capture: 0 (no limit)<br /> Packet Capture duration: 0 (no limit)<br /> Packet Size to capture: 0 (no limit)<br /> Maximum number of packets to capture per second: 1000<br /> Packet sampling rate: 0 (no sampling)<br />

3. キャプチャの停止

<br /> RouterB#monitor capture cap1 stop<br />

4. キャプチャBufferの確認

showコマンドでBufferに格納されているキャプチャ済みのパケットを確認します。

簡易表示(brief)

<br /> RouterB#show monitor capture cap1 buffer brief<br /> -------------------------------------------------------------<br /> # size timestamp source destination protocol<br /> -------------------------------------------------------------<br /> 0 72 0.000000 1.1.1.1 -&gt; 194.1.1.1 TCP<br /> 1 54 0.200002 194.1.1.1 -&gt; 1.1.1.1 TCP<br /> 2 54 10.534036 4.4.4.4 -&gt; 1.1.1.1 TCP<br /> 3 73 13.114008 4.4.4.4 -&gt; 1.1.1.1 TCP<br />

詳細表示(detailed)


RouterB#show monitor capture cap1 buffer detailed
-------------------------------------------------------------
# size timestamp source destination protocol
-------------------------------------------------------------
0 72 0.000000 1.1.1.1 -> 194.1.1.1 TCP
0000: 005056B6 919A0050 56B61657 080045C0 .PV....PV..W..E.
0010: 003A2F1C 0000FF06 C6DD0101 0101C201 .:/.............
0020: 01010286 455692FE 0C0B1124 BA595010 ....EV.....$.YP.
0030: 0EA6DE63 00000001 000E0101 01010000 ...c............

1 54 0.200002 194.1.1.1 -> 1.1.1.1 TCP<br /> 0000: 005056B6 16570050 56B6919A 080045C0 .PV..W.PV.....E.<br /> 0010: 002863A2 0000FF06 9269C201 01010101 .(c......i......<br /> 0020: 01014556 02861124 BA5992FE 0C1D5010 ..EV...$.Y....P.<br /> 0030: 100E284D 0000 ..(M..

2 54 10.534036 4.4.4.4 -> 1.1.1.1 TCP<br /> 0000: 005056B6 16570050 56B6919A 080045C0 .PV..W.PV.....E.<br /> 0010: 0028AD70 4000FD06 C5950404 04040101 .(.p@...........<br /> 0020: 010100B3 6B08C52B 432C2492 D7D35010 ....k..+C,$...P.<br /> 0030: 3D2EF823 0000 =..#..

3 73 13.114008 4.4.4.4 -> 1.1.1.1 TCP<br /> 0000: 005056B6 16570050 56B6919A 080045C0 .PV..W.PV.....E.<br /> 0010: 003BAD71 4000FD06 C5810404 04040101 .;.q@...........<br /> 0020: 010100B3 6B08C52B 432C2492 D7D35018 ....k..+C,$...P.<br /> 0030: 3D2EF3F5 0000FFFF FFFFFFFF FFFFFFFF =...............

<pre><code><br />## 5. キャプチャBufferをファイル保存

exportでキャプチャを出力

<br /> 出力先の選択肢<br /> RouterB#monitor capture cap1 export ?<br /> bootflash: Location of the file<br /> flash: Location of the file<br /> ftp: Location of the file<br /> http: Location of the file<br /> https: Location of the file<br /> pram: Location of the file<br /> rcp: Location of the file<br /> scp: Location of the file<br /> tftp: Location of the file

FTPサーバに出力<br /> RouterB#monitor capture cap1 export ftp://192.168.1.99/cap1.pcap<br /> Writing cap1.pcap<br /> Exported Successfully<br />

FTPサーバ側に保存された.pcapファイルをWiresharkで開き、以下を確認します。<br /> - .pcapファイルを正しくオープンできるか<br /> - お目当てのパケットが含まれているか

## 6. キャプチャの削除

noコマンドでキャプチャの定義を削除

<br /> RouterB#no monitor capture cap1<br /> RouterB#<br /> RouterB#show monitor capture<br /> RouterB# (何も表示されないこと)<br />

キャプチャをstopさせていない状態で定義を削除(no monitor)しようとすると<br /> 「まだActiveだよ」と怒られます。

<br /> RouterA#no monitor capture cap1<br /> Capture is active<br />

「monitor capture」のコマンドはrunning-configに記録されないため、<br /> 機器を再起動すると消えてしまいます。

再起動前<br /> <br /> RouterA#show monitor capture

Status Information for Capture cap1<br /> Target Type:<br /> Interface: GigabitEthernet2, Direction: both<br /> Status : Inactive<br /> Filter Details:<br /> Access-list: BUF-FILTER<br /> Buffer Details:<br /> Buffer Type: LINEAR (default)<br /> Buffer Size (in MB): 10<br /> Limit Details:<br /> Number of Packets to capture: 0 (no limit)<br /> Packet Capture duration: 0 (no limit)<br /> Packet Size to capture: 0 (no limit)<br /> Maximum number of packets to capture per second: 1000<br /> Packet sampling rate: 0 (no sampling)

Status Information for Capture cap2<br /> Target Type:<br /> Interface: GigabitEthernet2, Direction: both<br /> Status : Inactive<br /> Filter Details:<br /> Access-list: LDP<br /> Buffer Details:<br /> Buffer Type: LINEAR (default)<br /> Buffer Size (in MB): 10<br /> Limit Details:<br /> Number of Packets to capture: 0 (no limit)<br /> Packet Capture duration: 0 (no limit)<br /> Packet Size to capture: 0 (no limit)<br /> Maximum number of packets to capture per second: 1000<br /> Packet sampling rate: 0 (no sampling)<br /> RouterA#<br /> RouterA#write mem # 無駄を承知でwrite mem<br /> Building configuration…<br /> [OK]<br /> RouterA#reload<br />

再起動完了後

<br /> RouterA#show monitor capture<br /> RouterA#

以上

Red Hat Enterprise Linux 7.2 KVM環境導入(yumでインストール)

概要

Red Hat Enterprise Linux 7.2にKVM環境をyumでインストールする。

前提環境

Red Hat Enterprise Linux 7.2 ・・・以下「RHEL7 VM」と表記
– Red Hat Developer Programでライセンス取得
– ESXi6.0上の仮想マシンとして稼働している
– KVM環境は一切未導入
(OSインストール時に「Virtual Host」を選択していない)

仮想化対応に構成変更

この時点ではRHEL7 VMは仮想化に未対応の状態

いったんRHEL7 VMをシャットダウンし、.vmxファイルを編集
最下行に以下を追記

text:ネスト構成での仮想化を有効化
vhv.enable = "TRUE"

<pre><code><br />起動後再確認

bash:仮想化対応の確認
$ egrep -c ‘(vmx|svm)’ /proc/cpuinfo
4

KVMのインストール

対象パッケージ

インストールコマンド

モジュールのロードを確認

KVMの自動起動を有効化

仮想マシンの準備

KVM上で仮想マシンを作成し、Ubuntu16.04をインストールする。

仮想マシン作成後、起動前に設定を編集
表示>詳細

  • ディスプレイ
    「Spiceサーバー」(デフォルト)から「VNCサーバー」に変更

rhel7-kvm-install-03.png

【補足】
ディスプレイをSpiceサーバ(デフォルト)のままにしておくと、仮想マシン起動時にエラーとなる

rhel7-kvm-install-01.png

対処として、以下サイトを参考にディスプレイをVNCに変更
CentOS7の仮想マシンマネージャーのコンソールエラー

  • Boot Options
    「IDE CDROM 1」にチェックし順序を1番目に移動

rhel7-kvm-install-04.png

  • IDE CDROM 1
    Ubuntu16.04のISOファイルを指定

rhel7-kvm-install-05.png

ゲストOSのインストール

KVM上で仮想マシンを起動し、OSインストール実施。

rhel7-kvm-install-06.png

以降、特にエラーも無く完了。

Mac OS X Go言語導入とPyCharm5での開発環境整備

概要

Mac OS XでGo言語(Golang)の環境を整えた際のメモです。
(2016/3/30時点)

環境

  • OS X Yosemite  ver. 10.10.5
  • $ go version
    go version go1.5.1 darwin/amd64
  • PyCharm5
    PyCharm5 Community Eddition Version 5.0.1

Goのインストール

brew install go

 

Golang用のディレクトリを作成し、パスを通します。

本例ではGOPATHのパスを以下としました。
/Users/kowloon/go

コンパイルされたGolangパッケージの保存先を作成します。

Golangのソースファイル保存先を作成します。

環境変数その他を確認します。

動作確認

ソースコード用ディレクトリに移動します。

テスト用のHelloWorldを作成し、実行できることを確認します。

 

Go言語として最低限の動作確認ができたところで、引き続きIDEのPyCharm5でのGo言語開発環境を整えます。


PyCharm5へのGo環境整備

Golang用プラグインの導入

PyCharm5を起動します。

PyCharm -> Preferences -> Plugins
“Browse Repositories”

「Go」を選択してインストール実施します。

SDKの指定

Golangのプラグインをインストールしただけでは、
「SDKが未導入」の警告が表示されます。
そこで以下手順によりパスを指定します。

PyCharm -> Preferences -> Languages & Frameworks
     -> Go
            ->Go SDK

Pathに以下を指定
(HomeBrewでGolang1.5.1を導入した場合。環境により変動)
/usr/local/Cellar/go/1.5.1/libexec

 

GOPATHの指定

「GOPATHが未指定」と警告が出たので
警告ダイアログからGOPATHのディレクトリを指定します。
(GOPATHの場所はインストール直後に指定済み(前掲))

本例では$GOPATHとして以下を指定しました。
/Users/kowloon/go

 指定後、GOPATHに関する警告が消えます。

PyCharmでのテストプログラム実行

PyCharmでGoの新規プロジェクトを作成
プロジェクト作成時、InterpreterとしてPythonのものが指定された状態ですが、このままプロジェクト作成します。

※ここでInterpreterにGo用の”何か”を指定する必要があるのか不明です。
そもそもGo言語はインタプリタ型言語ではないので、指定しても使われないような気がします。。
↑↑認識間違ってたらご指摘願いますm(_ _)m

テストプログラムを作成し、Runを実行します。

PyCharm下部に実行結果が表示されました。

Build and runも実行できることを確認しました。

 

以上でMac OS X環境へのGo言語の導入、及びPyCharm5での開発環境の整備は完了となります。

 

体重・体脂肪率テーブルの作成

データベースの作成

データベース「diet」を新規作成

 

データベースの選択

データベース「diet」に移動

テーブルの作成

投入するSQL文

実機ログ


レコードのテスト投入(手作業)

想定通りの値を格納できるかを確認するため、以下のエントリを手動で投入

  • 日付(date):   2015/9/20
  • 体重(weight):  53.7 (kg)
  • 体脂肪率(body_fat): 15.3
  • 目標体脂肪率(body_fat_goal): 12.0
  • 体脂肪変動率(body_fat_divergence): 0.784314
  • 摂取カロリー(kcal): 2375 (kcal) 

投入SQL文

実機ログ

問題なく値を投入可能であることを確認した。

テスト用レコードの一括投入(Pythonスクリプト)

以下のPythonスクリプトを作成し、テスト用のデータを一括で投入できるようにした。

動作仕様(ざっくり)

  1. テストエントリの最初の日付を指定(12行目)
  2. mysql-connectorを使いMariaDBにPythonから接続(15行目)
  3. 体重、体脂肪率、摂取カロリーをrandom()関数で生成。必要あれば小数点以下を整理(24, 28, 38行目)
  4. 現在の体脂肪÷目標体脂肪 で体脂肪変動率を算定し、小数点以下第7位で四捨五入(35行目)
  5. SQLのInsert文を生成して実行(41, 49, 50行目)
    文字列連結を行うので、各変数をstr()関数で文字列型に変換
    (int型、float型のままにしておくとエラーになる)
  6. 日付を1日加算(53行目)
  7. ループの先頭に戻り、項番3から6を実行する(19行目で指定した日数分、ループ処理)

スクリプト本体(diet_testdata.py) ※Python3環境で動作

スクリプトの動作確認

事前にテーブルをTruncateしてまっさらにする。

pythonスクリプトを実行

テーブルを再確認

想定通り365日分の疑似データが投入された。

Mac OS X Yosemite(10.10)でのphp/MariaDB/Nginx/Python開発環境の構築

MacBook Pro(OS X Yosemite)へのphp,MySQL開発環境を構築した際のメモです。

作業時期

2015/8/28~9/7頃

前提環境

MacBook Pro Early 2015
OS X Yosemite(10.10.5)

本稿で導入するアプリケーション

  • Xcode
  • Homebrew
  • MariaDB
  • php
  • Nginx

Xcode

App StoreからXcodeをインストール。

Xcodeをインストール後に以下を実行
—————————

$ xcode-select –install
$ ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”
$ brew doctor
Your system is ready to brew.
$ brew -v
Homebrew 0.9.5 (git revision cf2e; last commit 2015-08-25)
$ brew update
Already up-to-date.
—————————

参考:MacにHomebrewをインストールする(_daisuke様、2014/7/28)
http://qiita.com/_daisuke/items/d3b2477d15ed2611a058

MariaDB

参考:
Building MariaDB on Mac OS X Using Homebrew
https://mariadb.com/kb/en/mariadb/building-mariadb-on-mac-os-x-using-homebrew/

MariaDBのインストール

$ brew install mariadb
$ unset TMPDIR
$ mysql_install_db

MariaDBの起動

$ mysql.server start
Starting MySQL
. SUCCESS!
$ mysql.server status
SUCCESS! MySQL running (643)

セキュリティ関連の初期設定

$ mysql_secure_installation

Enter current password for root (enter for none): (空Enter)
OK, successfully used password, moving on…

Set root password? [Y/n] Y
New password:  新しいパスワード
Re-enter new password: 新しいパスワード
Password updated successfully!

Remove anonymous users? [Y/n] Y
… Success!

Disallow root login remotely? [Y/n] Y
… Success!

Remove test database and access to it? [Y/n] Y
– Dropping test database…
… Success!
– Removing privileges on test database…
… Success!

Reload privilege tables now? [Y/n] Y
… Success!

Cleaning up…
All done! 

MariaDBへの接続テスト

$ mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 18
Server version: 10.0.21-MariaDB Homebrew

Copyright (c) 2000, 2015, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type ‘help;’ or ‘\h’ for help. Type ‘\c’ to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]>
MariaDB [(none)]> show databases;
+——————–+
| Database |
+——————–+
| information_schema |
| mysql |
| performance_schema |
+——————–+
3 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye

ログイン時にMariaDBが自動起動するよう設定

$ ln -sfv /usr/local/opt/mariadb/*.plist ~/Library/LaunchAgents

OSを再起動し、ログイン後にMariaDBが自動起動することを確認

Nginx

参考サイト

Homebrewをインストール!ついでにNginx, PHP-FPM, MySQLも!
(takeshi81様、2015/6/4)
http://qiita.com/takeshi81/items/0f21a9469be296aea5bd

Mac に導入した nginx を起動/停止/再起動する((kakku22様、2013/12/12)
http://kakakakakku.hatenablog.com/entry/2013/12/12/183806

Nginxのインストール

$ brew install nginx
$ which nginx
/usr/local/bin/nginx

Nginxの手動起動

$ sudo nginx

http://localhost:8080/
にてNginxのTopページが表示されることを確認した

Nginxの手動終了

$ sudo nginx -s stop

http://localhost:8080/をリロードし、サイトが表示されないことを確認した

Nginxの再起動

$ sudo nginx -s reload

Nginxのプロセス確認

$ ps -ef | grep -e nginx
0687 1 0 10:39AM ?? 0:00.00 nginx: master process nginx
-2 704 687 0 10:41AM ?? 0:00.00 nginx: worker process

ログイン時にNginxが自動起動するよう設定

$ ln -sfv /usr/local/opt/nginx/*.plist ~/Library/LaunchAgents
/Users/kowloon/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.nginx.plist -> /usr/local/opt/nginx/homebrew.mxcl.nginx.plist

OSを再起動し、ログイン後にNginxが自動起動することを確認した
・・・が、その後、3回に1回程度は自動起動に失敗していることが判明。
自動起動に失敗していたら上記の「 sudo nginx 」コマンドで手動起動でとりあえず対処。 

Nignxの設定ファイル等

デフォルトのWWWルート

$ ls /usr/local/var/www/
50x.html index.html

Nginxの設定ファイル

/usr/local/etc/nginx/
$ ls
fastcgi.conf koi-utf nginx.conf servers
fastcgi.conf.default koi-win nginx.conf.default uwsgi_params
fastcgi_params mime.types scgi_params uwsgi_params.default
fastcgi_params.default mime.types.default scgi_params.default win-utf

$ ls -l
-rw-r–r– 1 kowloon admin 1034 8 29 20:13 fastcgi.conf
-rw-r–r– 1 kowloon admin 1034 8 29 20:13 fastcgi.conf.default
-rw-r–r– 1 kowloon admin 964 8 29 20:13 fastcgi_params
-rw-r–r– 1 kowloon admin 964 8 29 20:13 fastcgi_params.default
-rw-r–r– 1 kowloon admin 2837 8 29 20:13 koi-utf
-rw-r–r– 1 kowloon admin 2223 8 29 20:13 koi-win
-rw-r–r– 1 kowloon admin 3957 8 29 20:13 mime.types
-rw-r–r– 1 kowloon admin 3957 8 29 20:13 mime.types.default
-rw-r–r– 1 kowloon admin 2680 8 29 20:13 nginx.conf
-rw-r–r– 1 kowloon admin 2680 8 29 20:13 nginx.conf.default
-rw-r–r– 1 kowloon admin 596 8 29 20:13 scgi_params
-rw-r–r– 1 kowloon admin 596 8 29 20:13 scgi_params.default
drwxr-xr-x 2 kowloon admin 68 8 29 20:13 servers
-rw-r–r– 1 kowloon admin 623 8 29 20:13 uwsgi_params
-rw-r–r– 1 kowloon admin 623 8 29 20:13 uwsgi_params.default
-rw-r–r– 1 kowloon admin 3610 8 29 20:13 win-utf

→「ファイル名.default」という名前で各設定ファイルのデフォルト状態がバックアップされていた。

Nginxの設定ファイル修正

エラーログの出力先指定

ログは/var/log配下で集中管理したいので、以下の通り変更。

  1. Nginxのエラーログ出力を有効化
    /usr/local/etc/nginx/nginx.conf
    ============
    error_log  /var/log/nginx/error.log;
    ============
     
  2. エラーログ出力先を準備

    $ sudo mkdir /var/log/nginx
    $ ls -ld /var/log/nginx/
    drwxr-xr-x 2 root wheel 68 9 30 16:29 /var/log/nginx/
     
    $ sudo chown kowloon /var/log/nginx/
    $ sudo chgrp admin /var/log/nginx/
    $ ls -ld /var/log/nginx/
    drwxr-xr-x 2 kowloon admin 68 9 30 16:29 /var/log/nginx/
     
    $ touch /var/log/nginx/error.log
    $ chmod 755 /var/log/nginx/error.log
    $ ls -l /var/log/nginx/error_log
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 0 9 30 17:12 /var/log/nginx/error.log
     

  3. Nginxを再起動
    $ sudo nginx -s reload
    $ ps -ef | grep nginx
     

  4. 再起動後、ログファイルにエラーが記録されることを確認した。
    $ tail -n 1 /var/log/nginx/error.log
    2015/09/30 17:17:12 [error] 1029#0: *1 FastCGI sent in stderr: “Access to the script ‘/Users/kowloon/www/index.html’ has been denied 

Nginxからphpを利用するための設定

※本設定と並行して、php-fpm側の設定も実施すること。

/usr/local/etc/nginx/nginx.conf
以下を追記
==============
location ~ \.php$ {
root /Users/kowloon/www;
fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
fastcgi_index index.php;
fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
include fastcgi_params;
}
==============

また、「.html」ファイル内のphpスクリプトを実行できるようにするため、以下も併せて追記する。
================
location ~ \.html$ {
root /Users/kowloon/www;
fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
fastcgi_index index.html;
fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
include fastcgi_params;
}
================

Nginxのルートディレクトリに以下2ファイルを配置
index.php(中身はphpinfo())
index.html(中身はphpinfo())

Nginxを再起動
$ sudo nginx -s reload

再起動後、
http://localhost/index.php
にアクセスし、phpinfoが表示されることを確認した。

http://localhost/index.html
にアクセスし、phpinfoの画面が表示されることを確認した。

php

OS Xデフォルトでのphpインストール状況

OS Xにはデフォルトでphpがインストールされていた

==================
$ php -v
PHP 5.5.27 (cli) (built: Jul 23 2015 00:21:59)
Copyright (c) 1997-2015 The PHP Group
Zend Engine v2.5.0, Copyright (c) 1998-2015 Zend Technologies
==================

コンフィグはデフォルト状態のものが/etc 直下にあり
$ ls -l /etc/php*
-rw-r–r– 1 root wheel 22488 5 20 02:10 /etc/php-fpm.conf.default
-r–r–r– 1 root wheel 69266 5 20 02:11 /etc/php.ini.default

php5.6のインストール

phpもHomebrew管理下におきたいので、改めてphp5.6をインストール

参考
macにnginx + php-fpmを導入する際の手順(makotok7様、2015/2/9) http://qiita.com/makotok7/items/2ca1c50d37cb2f8f3972

php5.6をHomebrewからインストール
$ brew tap homebrew/dupes
$ brew tap homebrew/versions
$ brew tap homebrew/php
$ brew install php56 –with-fpm

phpの自動起動設定

$ ln -sfv /usr/local/opt/php56/*.plist ~/Library/LaunchAgents
/Users/kowloon/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.php56.plist -> /usr/local/opt/php56/homebrew.mxcl.php56.plist

$ launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.php56.plist

phpの設定ファイル所在

Homebrewでインストールしたphpの設定ファイルは以下に存在する。

/usr/local/etc/php/(phpバージョン番号)/

$ ls -la /usr/local/etc/php/5.6/
drwxr-xr-x 8 kowloon admin 272 9 30 15:57 .
drwxr-xr-x 3 kowloon admin 102 9 7 11:29 ..
-rw-r–r– 1 kowloon admin 1540 9 7 11:29 pear.conf
-rw-r–r– 1 kowloon admin 22932 9 30 15:57 php-fpm.conf
-rw-r–r– 1 kowloon admin 22858 9 7 11:29 php-fpm.conf.default
-rw-r–r– 1 kowloon admin 72312 9 7 11:29 php.ini

phpの設定ファイル編集

タイムゾーンの明示的な指定

タイムゾーンを指定しない状態でphpスクリプト内でdate関数を実行するとエラーで怒られる(下記)

Warning: date(): It is not safe to rely on the system’s timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function.

スクリプトにdefault_timezone_setを都度書くのではなく、phpの設定ファイルにあらかじめ指定しておく。

/usr/local/etc/php/5.6/php.ini
=================
[Date]
date.timezone = Asia/Tokyo
=================

ログ出力先の指定

デフォルトでは以下にログが出力される。
/usr/local/opt/php56/var/log/php-fpm.log

 ログは/var/log配下で集中管理したいので、以下の通り変更。

  1. php-fpmのログを有効化
    /usr/local/etc/php/5.6/php-fpm.confに以下追記
    ==========
    error_log = /var/log/php-fpm/php-fpm.log
    ==========
     
  2. ログ出力先を準備
    $ sudo mkdir /var/log/php-fpm
    $ ls -ld /var/log/php-fpm/
    drwxr-xr-x 2 root wheel 68 9 30 16:34 /var/log/php-fpm/

    この状態ではPermission不足でログに書き込めない
    (php-fpmの自動起動時に以下のエラーが出る)
    [30-Sep-2015 16:35:31] ERROR: failed to open error_log (/var/log/php-fpm.log): Permission denied (13)
     

  3. ログディレクトリのパーミッションを変更
    $ sudo chown kowloon /var/log/php-fpm/
    $ sudo chgrp admin /var/log/php-fpm/
    $ ls -ld /var/log/php-fpm/
    drwxr-xr-x 3 kowloon admin 102 9 30 16:48 /var/log/php-fpm/

    $ touch /var/log/php-fpm/php-fpm.log 
    $ ls -l /var/log/php-fpm/php-fpm.log
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 0 9 30 16:48 /var/log/php-fpm/php-fpm.log

  4. php-fpmの再起動後、ログに書き込まれることを確認。

「.html」ファイルでもphpスクリプトが実行されるよう設定

php-fpmの設定を以下の通り変更

/usr/local/etc/php/5.6/php.ini
====================
security.limit_extensions = .php .php3 .php4 .php5 .html
====================
(コメントアウトを解除して、末尾に.htmlを追記している)

最後にphp-fpmを再起動
$ launchctl unload -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.php56.plist
$ launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.php56.plist
$ ps -ef | grep php-fpm

 

Python3

OS XデフォルトでのPythonインストール状況

OS XにはデフォルトでPython2.7.10がインストールされていた

$ python –version
Python 2.7.10

Python3.xのインストール

HomebrewからPython3をインストール

$ brew install python3
$ python3 –version
Python 3.4.3

以下、必要なライブラリを追加でインストール

BeautifulSoup4

$ pip3 install beautifulsoup4

インポートする際は「bs4」と指定する

>> import bs4

Flask

以下のサンプルコードで動作を確認

 

html5lib

【コマンド】
$ pip3 install html5lib

【実機ログ】

 

Numpy

$ pip3 install numpy

Pandas

$ pip3 install pandas

Pandasの動作確認

Pandas-datareader

参考:
sinhrks様、Python pandas で日本の株価情報取得とローソク足チャート描画
http://sinhrks.hatenablog.com/entry/2015/02/04/002258

上記サイトのコードを試そうとしたところ、
pandas.io.dataは利用不可能で「pandas-datareader」を使うように指示あり。

>>> import pandas.io.data as web

/usr/local/lib/python3.4/site-packages/pandas/io/data.py:33: FutureWarning:
The pandas.io.data module is moved to a separate package (pandas-datareader) and will be removed from pandas in a future version.
After installing the pandas-datareader package (https://github.com/pydata/pandas-datareader), you can change the import from pandas.io import data, wb to from pandas_datareader import data, wb.
FutureWarning)

そこで、pandas-datareaderをインストール

【コマンド】
$ pip3 install pandas-datareader

【確認】

 

lxml

【コマンド】
$ pip3 install lxml

【実機ログ】

 

matplotlib

【コマンド】
$ pip3 install matplotlib

【実機ログ】

 

MySQL Connector

【コマンド】
$ pip3 install –allow-external mysql-connector-python mysql-connector-python

【実機ログ】

mysql-connector-pythonの動作確認

テスト用DB・テーブルの作成

 

uWSGI

【コマンド】
pip3 install uwsgi

【実機ログ】

 

OLYMPUS TG-4 レンズリング紛失時の対応手順

オリンパスの防水コンデジ「STYLUS TG-4」を買って1週間でレンズリングを紛失してしまったので、その後の対応について記載します。

1.レンズリングについて

「レンズリング」とはどの部分かを認識合わせするため、マニュアルから抜粋します。

紛失するとこんな状態になります。ねじ剥き出し。

  • レンズリングがない状態でもカメラの撮影機能自体に支障はありません。
  • レンズリングがない状態でもカメラの防水防塵性能に支障はありません。
    以下FAQ参照

http://digital-faq.olympus.co.jp/faq/public/app/servlet/qadoc?QID=004758

2.対処手順

2-1. 修理窓口に電話

オリンパスのサポートに電話します。

※上記FAQページの記載では「レンズリングの手配はオリンパスプラザに相談する」旨記載されており、最初はプラザに電話したのですが「サポート窓口に電話してほしい」と促されました。

0570-073-000 (カスタマーサポートセンター)
に電話し、自動応答に対し「2」を応答します。

オペレータに繋がりますので、以下2件伝達します。

  • TG-4のレンズリングを紛失した
  • 代替品を入手したい

補足:
レンズリングは単一型番であり、TG-4の黒モデル/赤モデルのいずれを使っている場合でも同じものを手配することになります。
(オペレータ殿に口頭にて確認済み)

2-2. 入手方法を選択

レンズリングの入手方法について、以下3つから選ぶよう促されます。

  1. オリンパスプラザに直接出向いて購入: 2246円
  2. 定額小為替をサポートに送付して、代替品を発送していただく: 2350円
  3. 代引きで発送していただく: 3326円

本例では1. を選択しました。
在庫状態を確認していただき、来訪予定日を伝えて取り置きしていただきました。

2-3. 代替品の入手

代替品のレンズリングを入手して対応終了。

再発防止策

上記の手順にて元通りにはなったのですが、正直言ってレンズリングのような単発プラスチック部品にうな重(竹)相当のお金を払うのは少し勿体ない気がするので、再発しないよう以下の対応を実施します。

  • レンズリングがきっちり閉まっているか、たまには確認を実施する
  • レンズを拭いた後は特に外れやすい気がするので、
    レンズを拭く即ちレンズリングの増し締めと心得る

以上

ワークショップ「Macの基本」受講メモ

ワークショップ「Macの基本」を受講してきましたので、メモします。

2015/08/29
於:AppleStore銀座

  1. Macの状態を知る
  2. Macの中身を見る(Finder)
  3. Macの設定を変更する
  4. アプリケーションを使ってみる
  5. データの整理、検索

1. Macの状態を知る

Appleメニュー →「このMacについて」を開く

【システム】タブ
「ソフトウェアアップデート」からOS/ソフトウェアの最新版を確認する。
サポートに問い合わせるときは最低限、OSのバージョン番号とハードウェア機種名が必要。

周辺機器、他社ソフトウェアが使えなくなる可能性があるので
動作確認がとれるまでむやみにOSアップデートしないほうがよい。

★”基本的に”OSのダウングレードはできないため、上げたら戻せない

“Yosemite”の指示対象は10.10.xを意味する。
(10.9.xはMavericks、10.8.xはMountain Lion)

サポート窓口などはOSのバージョン番号ではなく
名称で呼ぶことがあるので注意。

【ストレージ】タブ
ストレージ残量をたまに確認する。
50GB程度は開けておくのが安定動作のために望ましい。

【質問】
事前にタイムマシン機能でバックアップをとっていた場合は、
OSのアップデート前の状態まで完全にリストアできるか?

【回答】
機種・状況による。
例:
12インチMacbookははじめのころ当該機種専用のOSを使っていたため、
タイムマシンからは戻せない状況であった。
専用ではなく、一般的なMac OSであればタイムマシンから戻せることが多い。
が、HWのファーム書き換えを伴うOSバージョンアップもあるので、
その場合には完全には戻せない。
上記より、回答は「状況による」としか言えない。

2.Macの中身を見る(Finder)

Finder上部の表示切り替えボタンで画面内容に適したモードに適宜切り替えるとよろしい

【マイファイル】
ファイルの所在を問わず、種類に準じてOSがグルーピングして表示している。
マイファイルにあるファイルは実体なので、消すと本体ファイルも消えるので注意。
(ショートカットを消すのではなく、本体そのものの削除)

【クイックルック】
ファイルを選択後 すぐSpaceでクイックルックできる
閉じるときもスペース
ファイルをダブルクリックしてから開くまで時間かかるもの(重たいファイル)などに有用。

普段の心得として、ホームフォルダの配下に自分のファイルを置くようにする。
ホームフォルダ配下なら、ほかのユーザから見られない。

3.Macの設定を変更する

システム環境設定

システム環境設定の右上の検索バーで機能名(例:無線、壁紙)を入力すると、
該当する設定を含むアイコンを表示してくれるアシスト機能あり

【一般】
UIの色など変えられるのでいろいろ試してみるとよろしい

【質問】
「システム環境設定」のTop画面内にフォルダを作れるか?
動作に影響を与える設定(たとば、起動に関するものなど)のアイコンを「触るな」フォルダを作ってその中に隠してしまう、といったことを想定している。

【回答】
残念ながら不可である。
システム環境設定の画面内容は変えられず、
誰に対しても等しく同じ内容を表示する。

4.アプリケーションを使ってみる

ワープロソフト(Pages)
写真(写真)
映像と音楽(iMovie)

さらっと操作説明だったので本稿では割愛。
それぞれ個別のワークショップがあるので興味あれば受けてみるとよろしかろう、とのこと。

5.データの整理、検索(Spotlight検索)

ファイル名がわからなくても、中に含まれている文字列で
検索することも可能

以上

助動詞を含む慣用表現

wouldを含む慣用表現

would like to do

~したいと思うのですが

丁寧な申し出・希望
会話では「I’d like to」を使う。

I‘d like to buy all the new books by two books.
新刊ぜんぶ2冊ずついただきたいのですが。

would rather do

(むしろ)~したい

後ろにthan ~が続くと、~するよりは~したいという意味

「Shall I ~?(~しましょうか?)」の申し出にお断りをするときは
I’d rather you didn’t.
と答える。


may / might を含む慣用表現

may well 動詞の原形

may well ~
たぶん~だろう
mayよりも強い確信度の推量

同: might well

He may well be very tired after troubleshooting of OpenStack.
彼はたぶんOpenStackの障害対応の後でだいぶ疲れているのだろう。

might as well 動詞の原形

might as well ~
~したほうがよいのでは
「したくないならしなくてもいいけど、したほうがいいと思うよ」

You might as well save the config frequently.
まめにコンフィグを保存した方がいいと思うよ。

might as well … as ~
~するのは、…するようなものだ

 

助動詞 + have + 過去分詞(過去に対する推量)

過去のことに関する推量

may have 過去分詞

過去のことに関する推量
~したかもしれない
~だったかもしれない
同: might have 過去分詞

I may have seen this network composition on previous project.
このネットワーク構成、以前の案件で見たことあるかもしれない

could have 過去分詞

過去のことに関する推量
~したかもしれない
~だったかもしれない
can have 過去分詞」は使わない。

He could have forgotten to write memory on production environment.
彼は本番環境でwrite memoryを打ち忘れてきたかもしれない

must have 過去分詞

過去のことに関する確信
~したに違いない
~だったに違いない

should have 過去分詞

(きっと)~したはずだ
同: ought to have 過去分詞

「~すべきだったのに」(実際にはしなかった) という表現もあり

cannot have 過去分詞

~したはずがない
~だったはずがない

同: couldn’t have 過去分詞


過去の行為に対する非難・後悔

should have 過去分詞

過去において実行されなかったことに対する非難・後悔の気持ち
~すべきだったのに(実際はしなかった)

You should have got up at 8:30am on Sunday.
あなたは日曜は朝8:30に起きるべきだったのに。
(実際には起きなかった)

同: ought to have 過去分詞

shouldn’t have 過去分詞

過去において実行すべきでなかったのに、してしまったことに対する非難・後悔の気持ち
~すべきではなかったのに(実際はしてしまった)

同: ought not to have 過去分詞

need not[needn’t] have 過去分詞

~する必要はなかったのに(実際にはしてしまった)


 

MacBook Pro 環境構築履歴

MacBook Pro Retina 2015年モデルの環境構築に関するメモです。
環境が吹き飛んだときの再構築用に記録として残しておきます。

※純粋に自分用に書いているので、本稿の粒度は荒いです。


OS環境設定

キーボードアサイン変更

  • CpapsLockキーをCtrlキーに変更

ディスプレイ解像度を最高に変更

BYOD用ユーザを追加

  • 管理者権限を付与する
  • Apple IDとの紐付けはしない

ソフトウェア

  • AppCleaner
    http://www.freemacsoft.net/appcleaner/

  • Atok2015
     
  • Cisco AnyConnect VPN Client 

    選択パッケージ:
    anyconnect-macosx-i386-3.1.10010-k9.dmg

    【トラブル】
    接続時、認証後のVPN確立中に以下のエラーが発生
    “The AnyConnect package on the secure gateway could not be located. You may be experiencing network connectivity issues. Please try connecting again.”

    http://www.cisco.com/c/en/us/support/docs/security/asa-5500-x-series-next-generation-firewalls/100597-technote-anyconnect-00.pdf

    p.19-20の記載から、ASA側にもMac用のAnyConnectイメージを配置しておかないといけないことが判明。
    (Standalone用のインストールファイルであらかじめMacにAnyConnectをインストールしておけば問題ないと思っていたが誤りだった)

    【対処】
    1. CiscoのサイトからMac用のAnyConnectパッケージ(.pkg)を入手
     本例では「anyconnect-macosx-i386-3.1.10010-k9.pkg」

    2. ASDM からASAに対象pkgファイルを登録

    3. ASA側にMac用.pkgファイルの配布コンフィグが追加されたことを確認
     (ASDMで登録すると、自動で該当するコンフィグを追加してくれる)

    ======================
    webvpn
    enable outside
    anyconnect image disk0:/anyconnect-win-3.0.5080-k9.pkg 1
    anyconnect image disk0:/anyconnect-macosx-i386-3.1.10010-k9.pkg 2  ←この行が追加される。
    anyconnect enable
    ======================

    4. Macで再度AnyConnectを起動し、SSL-VPN接続がエラーなく確立すること、VPN越しに自宅内LANにアクセスできることを確認した。
    以上

  • Chrome
  • ESET CyberSecurity Pro 6.0
  • Evernote
  • Homebrew
    Xcodeをインストール後に以下を実行
    —————————

    $ xcode-select –install
    $ ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”
    $ brew doctor
    Your system is ready to brew.
    $ brew -v
    Homebrew 0.9.5 (git revision cf2e; last commit 2015-08-25)
    $ brew update
    Already up-to-date.
    —————————
    参考:MacにHomebrewをインストールする(_daisuke様、2014/7/28)
    http://qiita.com/_daisuke/items/d3b2477d15ed2611a058

  • iTerm2
  • Kindle for Mac
  • MariaDB
    参考:
    Building MariaDB on Mac OS X Using Homebrew
    https://mariadb.com/kb/en/mariadb/building-mariadb-on-mac-os-x-using-homebrew/

    $ brew install mariadb
    $ unset TMPDIR
    $ mysql_install_db

    MariaDBの起動
    $ mysql.server start
    Starting MySQL
    . SUCCESS!
    $ mysql.server status
    SUCCESS! MySQL running (643)

    セキュリティ関連の初期設定
    $ mysql_secure_installation

    Enter current password for root (enter for none): (空Enter)
    OK, successfully used password, moving on…

    Set root password? [Y/n] Y
    New password:  新しいパスワード
    Re-enter new password: 新しいパスワード
    Password updated successfully!

    Remove anonymous users? [Y/n] Y
    … Success!

    Disallow root login remotely? [Y/n] Y
    … Success!

    Remove test database and access to it? [Y/n] Y
    – Dropping test database…
    … Success!
    – Removing privileges on test database…
    … Success!

    Reload privilege tables now? [Y/n] Y
    … Success!

    Cleaning up…
    All done! 

    MariaDBへの接続テスト

    $ mysql -u root -p
    Enter password:
    Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
    Your MariaDB connection id is 18
    Server version: 10.0.21-MariaDB Homebrew

    Copyright (c) 2000, 2015, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

    Type ‘help;’ or ‘\h’ for help. Type ‘\c’ to clear the current input statement.

    MariaDB [(none)]>
    MariaDB [(none)]> show databases;
    +——————–+
    | Database |
    +——————–+
    | information_schema |
    | mysql |
    | performance_schema |
    +——————–+
    3 rows in set (0.00 sec)

    MariaDB [(none)]> quit
    Bye

    ログイン時に自動起動するよう設定
    $ ln -sfv /usr/local/opt/mariadb/*.plist ~/Library/LaunchAgents

    OSを再起動し、ログイン後にMariaDBが自動起動することを確認
    以上でMariaDBの初期導入完了

  • MySwitch
  • Nozbe
  • Nginx

    参考
    Homebrewをインストール!ついでにNginx, PHP-FPM, MySQLも!
    (takeshi81様、2015/6/4)
    http://qiita.com/takeshi81/items/0f21a9469be296aea5bd

    $ brew install nginx
    $ which nginx
    /usr/local/bin/nginx

    Nginxが自動起動するよう設定
    $ ln -sfv /usr/local/opt/nginx/*.plist ~/Library/LaunchAgents
    /Users/kowloon/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.nginx.plist -> /usr/local/opt/nginx/homebrew.mxcl.nginx.plist

    Nginxの起動
    $ launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.nginx.plist

    http://localhost:8080/
    にてNginxのTopページが表示されることを確認した

    OSを再起動し、ログイン後にNginxが自動起動することを確認した

    デフォルトのWWWルート
    $ ls /usr/local/var/www/
    50x.html index.html

    Nginxの手動終了
    $ launchctl unload ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.nginx.plist

    http://localhost:8080/をリロードし、サイトが表示されないことを確認した

    Nginxの設定ファイル所在
    /usr/local/etc/nginx/
    $ ls
    fastcgi.conf koi-utf nginx.conf servers
    fastcgi.conf.default koi-win nginx.conf.default uwsgi_params
    fastcgi_params mime.types scgi_params uwsgi_params.default
    fastcgi_params.default mime.types.default scgi_params.default win-utf

    $ ls -l
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 1034 8 29 20:13 fastcgi.conf
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 1034 8 29 20:13 fastcgi.conf.default
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 964 8 29 20:13 fastcgi_params
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 964 8 29 20:13 fastcgi_params.default
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 2837 8 29 20:13 koi-utf
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 2223 8 29 20:13 koi-win
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 3957 8 29 20:13 mime.types
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 3957 8 29 20:13 mime.types.default
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 2680 8 29 20:13 nginx.conf
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 2680 8 29 20:13 nginx.conf.default
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 596 8 29 20:13 scgi_params
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 596 8 29 20:13 scgi_params.default
    drwxr-xr-x 2 kowloon admin 68 8 29 20:13 servers
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 623 8 29 20:13 uwsgi_params
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 623 8 29 20:13 uwsgi_params.default
    -rw-r–r– 1 kowloon admin 3610 8 29 20:13 win-utf

    →「ファイル名.default」という名前で各設定ファイルのデフォルト状態がバックアップされていた。

  • php
    デフォルトでphpがインストールされていたため、作業なし
    $ php -v
    PHP 5.5.27 (cli) (built: Jul 23 2015 00:21:59)
    Copyright (c) 1997-2015 The PHP Group
    Zend Engine v2.5.0, Copyright (c) 1998-2015 Zend Technologies

    コンフィグはデフォルト状態のものが/etc 直下にあり
    $ ls -l /etc/php*
    -rw-r–r– 1 root wheel 22488 5 20 02:10 /etc/php-fpm.conf.default
    -r–r–r– 1 root wheel 69266 5 20 02:11 /etc/php.ini.default

    phpもHomebrew管理下におきたいので、改めてphp5.6をインストール

    参考
    macにnginx + php-fpmを導入する際の手順(makotok7様、2015/2/9) http://qiita.com/makotok7/items/2ca1c50d37cb2f8f3972

    php5.6をHomebrewからインストール
    $ brew tap homebrew/dupes
    $ brew tap homebrew/versions
    $ brew tap homebrew/php
    $ brew install php56 –with-fpm

    phpの自動起動設定
    $ ln -sfv /usr/local/opt/php56/*.plist ~/Library/LaunchAgents
    /Users/kowloon/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.php56.plist -> /usr/local/opt/php56/homebrew.mxcl.php56.plist

    $ launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.php56.plist

    Nginxの設定編集
    $ vi /usr/local/etc/nginx/nginx.conf

    以下を追記
    location ~ \.php$ {
    root /Users/kowloon/www;
    fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
    fastcgi_index index.php;
    fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
    include fastcgi_params;
    }

    Nginxのルートディレクトリに
    index.php(中身はphpinfo())を配置

    Nginxを再起動
    $ sudo nginx -s reload

    再起動後、
    http://localhost/index.php
    にアクセスし、phpinfoが表示されることを確認した

  • Python3

    $ brew install python3
    $ python3 –version
    Python 3.4.3

  • Skim
  • Sublime Text3
    導入パッケージ:
    ConvertToUTF8
    Japanize
    Theme – Farzher

    SublimeLinter
    SublimeLInter-phplint

    phplint (失敗)
    phplintをHomebrewからインストールしたところ、エラー発生
    ==============

    $ sudo brew tap josegonzalez/homebrew-php

    Error: Failure while executing: git clone https://github.com/josegonzalez/homebrew-php /usr/local/Library/Taps/josegonzalez/homebrew-php –depth=1
    ==============

    参考:
    http://liginc.co.jp/web/js/73704

    デフォルトのキーバインド設定にて以下をコメントアウト
    99~114行目
    理由:
    Tabキー押下時の自動補完を無効化するため。
    (いかなる時もTabはインデント動作に徹してほしい)
    /*
    { “keys”: [“tab”], “command”: “insert_best_completion”, “args”: {“default”: “\t”, “exact”: true} },
    { “keys”: [“tab”], “command”: “insert_best_completion”, “args”: {“default”: “\t”, “exact”: false},
    “context”:
    [
    { “key”: “setting.tab_completion”, “operator”: “equal”, “operand”: true },
    { “key”: “preceding_text”, “operator”: “regex_match”, “operand”: “.*[^0-9]$”, “match_all”: true },
    ]
    },
    { “keys”: [“tab”], “command”: “replace_completion_with_next_completion”, “context”:
    [
    { “key”: “last_command”, “operator”: “equal”, “operand”: “insert_best_completion” },
    { “key”: “setting.tab_completion”, “operator”: “equal”, “operand”: true }
    ]
    },
    */

  • Xcode
  • 研究社 新英和・和英辞典
    補助インストーラが必要
    http://www.logovista.co.jp/LVERP/information/support/user_qa/lion/LVDic/lion_install.htm


 

残タスク
VMware Fusion
Fusion内にWinホスト構築
画面キャプチャソフト
FTP Server
FTP Client

DropBox
R
付箋

バックアップ方針
タイムマシンを使うかAcronisか
タイムマシンの場合、保存先ストレージどうするか
Acronisの場合、インストールして使うか、USB Bootしてフルバックアップを手作業で実行するか

 

vCloud Air Virtual Private Cloud OnDemandのお試し登録

概要

VMwareのクラウドサービスに「 vCloud Air 」があります。
一度試してみたかったのですが、用意されているプランとして

  • Dedicated Cloud   ・・・サーバ占有型。月額106万くらい
  • Virtual Private Cloud ・・・サーバ共有型。月額12万くらい
  • Disaster Recovery  ・・・DR用途専用。月額9万くらい

の3つがあり、どれも個人の自腹で試すには敷居が高いものでした。

最近になって「 Virtual Private Cloud OnDemand 」(以下VPC OnDemand)という従量課金型のプランが追加されて状況が変わりました。

とのことでしたので個人で契約して利用開始してみました。

方針としては、最初の90日間はしっかりめに利用してvCloud Airが果たしてどんな代物なのかを把握し、無償期間を過ぎたら必要な時だけインスタンスを起動するケチケチ省コスト運用を考えています。

手順

キャンペーンサイトからVPC OnDemandの登録画面に移動します。

Chromeでは以下の画面から進まなくなってしまったので、さっそく諦めます。

 

Internet Explorerで再度アクセスしますと、以下の申し込み画面に進めました。
My VMwareアカウントでログインします。
(MyVMwareアカウントが無くても無償で作れます)

クレジットカード情報と個人情報を入力します。

サポート契約必須なのですが、メールのみのオンラインサポート(請求額の7%がけ)にします。

住所情報の確認ダイアログが表示されます。
そのまま進みます。

登録完了となります。
サービスの管理画面を開いてみます。

契約情報、支払い情報等が確認できます。

登録完了すると以下のメールが届きます。
vCloud Airのサイトに初回ログインするためのURLが記載されています。

vCloud Airの管理サイトにログインするためのパスワードを設定します。
他のサービスで使用していない(使い回しではない)新規のパスワードを設定します。

vCloud Airの初期画面が表示されます。
契約対象であるVPC OnDemandだけが選択可能な状態です。

どこのロケーションに仮想マシンを作成するか(正確には、仮想DCをどこに作るか)選びます。
「 JP Japanwest 」を選択します。
(各ロケーションの末尾の数字は一体何なのか、 気になります・・・)

選択したロケーションに仮想DC、ゲートウェイ機器(vShield Edge)、仮想NWが作成されます。
数分で利用開始となりました。

ダッシュボードを順に見ていきます。

リソース使用量
当初時点では仮想マシンが1台も起動していないので、推定コストは0円です。

仮想マシン
まだ何もありません。

ゲートウェイ
仮想DCの出口機器となる仮想アプライアンス(vShield Edge)です。
デフォルトではHA(高可用性)が無効となっていました。
また、この時点では外部公開用のIPアドレスを割り当ててていないので、
「 パブリックIP 」は0個です。

ゲートウェイの設定画面
NAT、ファイアウォール、ネットワーク(仮想NWの管理)、パブリックIP(外部公開用IP)のタブが見えます。

ロードバランサーのタブが無いなと思ったら、別途vCloud Directorの画面で操作が必要なようです。

「 ネットワーク 」タブの「 vCloud Directorで管理 」からvCloud Directorの管理画面を起動できます。

vCloud Directorの画面
前掲の「ゲートウェイ」画面よりも細かい設定をしたいときに使います。

ツールメニュー
課金情報、ドキュメント等へのリンクがあります。

次回は実際に仮想マシンを作成して外からアクセスできる環境を作ってみます。

 

Vaio Z → Macbook Proへの移行 影響度の棚卸し

概要

Vaio ZからMacbook Proに移行した際の影響度について事前に整理・検討します。

現状(移行前 Vaio Z)の確認

現在(Vaio Z)の利用状況を整理します。

OS

Windows 7 Ultimate SP1 x64

 

デスクトップの態様 

たった今(2015/08/02 19:37)時点のデスクトップ態様

デスクトップ背景にこだわらない質なので、壁紙は4年前に購入した時のままデフォルトです。

ショートカット登録状況

タスクバーに登録しているアプリケーションは以下の通り

以下が登録されています。

  • 秀丸ファイラーClassic
  • Chrome 64bit版
  • Sublime Text 3
  • Nozbe
  • Evernote
  • vSphere Client 6 (C#版)
  • FastStone Capture for Windows
  • コマンドプロンプト
  • RLogin
  • WinSCP
  • Cerberous FTP Server
  • FFFTP
  • Kindle for PC
  • foobar2000
  • WinMerge
  • 研究社 新英和(第7版)・和英(第5版)中辞典
  • R
  • UltraVNC Viewer
  • Photoshop Elements 6.0
  • 付箋

アプリケーションの移行パス検討

利用しているアプリケーションについて、以下を検討します。
(ショートカットに登録されていないものも含めてピックアップ)

  • 現在の利用頻度: 
     「 Extremely 」(極めて高頻度)から
     「 None 」(ほぼ使わない) まで5段階判定
  • 当該アプリについて、Mac版の有無
  • Mac版が存在しない場合の代替パス
項番 現行利用AP名 分類 利用頻度 Mac版の有無 代替パス 備考
1 ATOK  IME
Extremely 
 有り –   
 2 秀丸ファイラー
Classic 
ファイラー 
Extremely
 無し  要探索  Macで2カラム対応のファイラーを探す必要あり
 3

Chrome

 ブラウザ
Extremely
 有り –   
 4 Sublime Text 3  エディタ
Extremely
 有り –   
 5  Nozbe タスク管理 
Moderately 
 有り –   
Evernote  メモ 

 Moderately 

 有り –   
vSphere client 6  サーバ管理 

 Highly

 無し 無し

 Macでの対処は不可。
必要なときはWin機にリモート接続して対応。

FastStone Capture  画面キャプチャ 
Highly
 無し 現状無し  Macで良い感じのキャプチャソフトを探す必要あり
 コマンドプロンプト ターミナル
(ローカル) 

Highly
 有り –   
10 RLogin  ターミナル
(リモート)

Highly
 無し  要探索  
11   WinSCP  サーバ管理
low
 無し  Mac OS標準のscpコマンドで代用

 

12  Cerberous FTP Server   サーバ管理
low
 無し 要探索   
13  FFFTP   サーバ管理
Moderately
 無し 要探索   
14  Kindle for PC   読書
None
 有り –  iPad/Kindle端末で読んでしまうので、実は出番ゼロ
15  foobar2000  音楽 
low
 有り –   
16  WinMerge  テキスト操作 
low
 無し 要探索   
17  研究社 新英和(第7版)・和英(第5版)中辞典 辞書 
Highly
 有り –  Win/Mac両対応版を購入済みで死角なし
18   R 統計処理 
low
 有り –   
19  Ultra VNC Viewer  サーバ管理 
low
 無し Win機で対応  ファイルサーバ異常発生時しか出番無し(半年に1回程度)
20  Photoshop Elements 6.0  画像編集 
Highly
 有り –   
21  付箋  メモ 
Highly
 無し  要探索 Mac OS標準の付箋アプリは無さそう。
何かアプリで類似機能をカバー
22  Office Word  文書作成 
None
 有り –  Vaio上でWord文書作成する場面ほぼ無し
23  Office Excel  文書作成 
Moderately
 有り –   
24  Office PowerPoint  文書作成 
None
 有り –  Vaio上でPPT文書作成する場面ほぼ無し
25   TrueCrypt 暗号化 
Highly
 無し Win機で対応 2014/5/28に本家が開発を停止したのでMac版は「無し」扱いとした。
26  Citrix Receiver  VDI 
Extremely
 有り –  会社VDI用として、Weekdayは毎日出番あり
27   Photoshop LightRoom 画像編集 
low
 有り –   
28   Cisco AnyConnect
Secure Mobility Client
VPN 
Highly
 有り –   
29  WireShark パケット解析 
low
 有り –   
30   Amazon Music 音楽 
low
 有り –   
31   Daemon Tools Lite ISO操作 
low
 有り –  Macbook移行を機に他のISOマウントソフトに鞍替えも検討
32   Dropbox ファイル共有 
Moderately
 有り –   
33  ESET NOD32 AntiVirus ウイルス対策 
Extremely
 有り –   
34   Python3.4 プログラミング 
low
 有り –   
35  Solarwinds TFTP Server サーバ管理 
low
 無し  Win機で対応

ASA/Catalystのコンフィグ採取時にのみ使用。
出番は数ヶ月に1回程度なので、Macに環境作る必要無し

36   新マネックストレーダー 株式取引
None
 無し  検討不要

一度も起動せず。

37  Microsft 管理コンソール(MMC) サーバ管理
Highly
 無し Win機で対応 Active Dirctoy,DNS,DHCPサーバを管理する際に使用。
Macでの対処は不可。
必要なときはWin機にリモート接続して対応。

おおむね見える化できました。

現時点では、Macへの移行計画そのものを諦めたくなるほど、破滅的に厳しいデグレードは無さそうに見えます。
気になる点としては以下が挙げられます。

  • 項番2:ファイラー
  • 項番7:vSphere Client(C#版)
  • 項番10:リモートログイン用ターミナルソフト
  • 項番37:Microsoft管理コンソール(MMC)

項番7と37はどうしようも無いのでMacからの直接操作は諦めるとして、
項番2と10については利用頻度が高い位置づけですので、良い感じの代替ソフトを何とか見つけたいものです。

 

土台となるHypervisor(ESXi6.0)のインストール

概要

本稿のvSphere6.0検証環境は、ネストされたESXi(Nested ESXi)構成で構築します。

まず土台となるHypervisorをインストールします。

手順

ESXiインストーラの入手

今回インストールを行う対象のサーバはHP ProLiant ML350eですので、HPカスタマイズ版のESXiインストーラを使用します。

以下のサイトからHPサーバ用のESXiインストーラをダウンロードします。

Download HP Custom Image for ESXi 6.0.0 GA Install CD

===================
Name: VMware-ESXi-6.0.0-2494585-HP-600.9.3.30.2-Jun2015.iso
Release Date: 2015-07-15
Build Number: 2494585-600.9.3.30.2
===================

入手したISOイメージを焼いたCDをML350eにセットして電源を入れます。
ESXi6.0.0のインストールウィザードが起動します。

HPカスタマイズ版ESXi6.0.0のインストール

自動でESXi6.0.0インストーラがBootします。

Welcomeメッセージが表示されます。
Enterを押して進めます。

ローカルのストレージ(本例では500GB SSD)を指定します。

事前に何度かインストールを試していたため、SSDにESXiとVMFSが残っており、上書きすべきか聞かれました。
今回、まっさらにインストールし直すので
「 Install ESXi, overwrite VMFS datastore 」を選択します。

キーボードレイアウトは「 Japanese 」を選択します。

rootパスワードを指定します。

F11キーを押してインストールを開始します。

インストールが完了します。

使用したインストーラはHPカスタマイズ版なのですが、含まれているドライバー類が違うだけなので、インストールウィザードの画面遷移は上記の通り、通常版と全く同じものでした。

再起動が完了します。
この時点では
ホスト名:localhost
IPアドレス:DHCP
ですので、変更を行います。

F2キーでログインします。

「 Configure Management Network 」を選択します。

管理用NICはvmnic0のままで変更しません。

Vlanタグも使用しないので変更しません。

管理用VMkernelポートに静的IPアドレスを指定します。
本例では192.168.1.11/24を指定しています。

IPv6は使用しないので
「 Disable IPv6 」
に変更します。

DNS設定は以下の通り。
Primary:192.168.1.21(宅内ドメインコントローラ)
Secondary:8.8.8.8 (GoogleのPublic DNS)
Hostname:ml350e

DNSサフィックスは宅内Active Directoryのドメイン「 kowloonet.local 」を指定しました。

設定を適用するため、再起動します。

指定したホスト名、静的IPアドレスで起動します。

vSphere ClientでESXiにログインします。

最初期状態のリソース消費量は以下の通りでした。
CPU:50MHz前後
メモリ:2.5GB前後

初期状態では評価モードのため、フル機能が使用可能です。
ライセンスを何も設定せずに60日経過すると、仮想マシンが起動できなくなります。

評価用ライセンスを投入します。

有効期限が無期限となりましたが、利用できる機能はほぼ無くなりました。

土台のHypervisorは「 仮想マシンの起動 」さえできればよいので、これで特に不都合ありません。
(ライセンスが必要な難しいことをやらせるのは、土台の上で稼働するNested ESXi達です)

ESXiホストの初期設定

初期状態ではNTPの設定がされていません。

構成 > 時間の構成 > プロパティ を開きます。

NTPサーバとして以下を指定しました。

ntp.nict.jp   (日本標準時プロジェクト 公開NTP
ntp.jst.mfeed.ad.jp (インターネットマルチフィード時刻情報提供サービス

ESXiを再起動してもNTPサービスが再起動するよう、
「 ホストに連動して開始および停止 」
にチェックを入れます。

DNS設定はローカルのコンソール画面で設定したとおりで、変更はありません。

認証はローカル認証のままで変更ありません。
管理作業時はローカルの「 root 」アカウントのみ使用します。

ネットワーク構成はデフォルトで生成された「 vSwitch0 」にVMkernelポートが接続されています。
特に変更しません。

以下は状態確認です。

データストアは469.50GB中468.55GBが空き

CPUはIntel Xeon E5-2403 を2基搭載。
4コアでハイパースレッド未対応のため、合計8論理プロセッサ。
CPUがサチったら良いものに買い換えます。

メモリは72GB搭載。
4GB×6枚、8GB×6枚の混在構成で全スロットが埋まってます。

構成 > 健全性ステータスの全画面を取得。
今のところエラーはありません。

以上で土台となるHypervisorのインストールと初期設定は完了です。

 

VMUG Advantage (EVALExperience)の利用開始手順

概要

VMware vSphereの評価・検証用ライセンスプログラムの一形態として、VMUG(VMWARE USER GROUP)が展開する「 VMUG EVALExperience 」があります。

個人でも年間200ドル(Individual Package)で以下の製品が検証用途に限り利用可能になります。
(2015/07/16時点)

  • VMware vCenter Server Standard for vSphere 6
  • VMware vSphere with Operations Management Enterpriske Plus
  • VMware vCloud Suite Standard
  • VMware vRealize Operations Insight
  • VMware vRealize Operations
  • VMware vRealize Log Insight
  • VMware vRealize Operations for Horizon
  • VMware Horizon Advanced Edition
  • VMware Virtual SAN
  • VMware Virtual SAN All Flash Add On

つい先日VMUG EvalExperienceライセンスを購入しましたので、利用開始までの一連の手順を書き残しておきます。

全体の大まかな流れ

  1. VMUGのサイトにアカウントを新規登録する。
  2. VMUG Advantageのライセンスを購入する。
  3. vSphere製品の検証用ライセンス及びインストーラを入手する。
  4. vSphere製品を自分の検証環境にインストールし、ライセンスを投入する。
  5. おまけ:Hypervisorのライセンス

手順

以下に実際の手順を記載します。
2015/07/15に実環境にて確認済み手順となります。

1. VMUGのアカウント登録

VMUG EvalExperience のサイトにアクセスし、「 Join VMUG 」のリンクを選択します。

01

以下の情報を入力します

  • E-mail
  • 氏名
  • 職種
  • 社名
  • 住所
  • 主言語(英語か中国語の2択)
  • メンバー種別(パートナー企業か否か)
  • VMware認定資格の保有状況

02

03 04

登録が完了すると、以下のメールが届きます。
VMUGのサイトにログインするための初期パスワードが記載されています。

08

メールのリンクをクリックしてVMUGのサイトにアクセスすると、Mailアドレスと初期パスワードの入力を求められます。

09

パスワードの変更を求められます。

10 11

初回ログイン時に自分のプロファイル情報が表示されます。
特に変更することは無いかと思います。

12

14

以上でVMUGへのアカウント登録は完了となります。


2. VMUG Advantageのライセンスを購入する

VMUGのサイトにログインした状態で、VMUG EvalExperience のページにアクセスし、「 PURCHASE NOW 」のボタンを選択します。

01

 

一覧から購入したいパッケージを選択します。
本例では「 Individual Package – 1 User $200 USD 」を選択しました。

02

 

パッケージの詳細が展開されます。
「 Add to Cart 」を選択します。

03

現在ログインしているアカウントのプロファイルが表示されます。
「 Add to Cart and View Cart 」を選択します。

04

カートの中に自分が購入するパッケージが必要個数だけ選択されていることを確認し、「 Checkout 」を選択します。

05

請求書(Invoice)が表示されます。
問題なければ「 Pay With Credit Card 」を選択します。

06

クレジットカードの情報を入力し、「 Pay Now 」を選択します。
07

オンラインでの引き落とし処理が完了すると、支払い完了を示すメッセージが表示されます。
「 Continue 」を選択します。
08

購入済みパッケージの一覧が表示されます。
09

購入完了と同時に以下のメールが届きます。
10

書かれている内容としては、おおむね以下の通りです。

  • VMUG Advantage買ってくれてありがとう
  • トレーニングや認定試験コース、vSphere製品やVMworldで割引が受けられるよ
  • 2営業日内にVMUGからのWelcomeメールが来るよ
  • 24時間以内にKivuto SolutionsからEVALExperience対象製品のセットアップについての案内メールが来るよ

 

3. vSphere製品の検証用ライセンス及びインストーラを入手する

VMUG Advantageの決済後1日ほどで、Kivuto Solutionsから以下のメールが届きますので、文中のレジスト用URLにアクセスします。

アカウントのレジストレーション画面が表示されます。
ユーザ名、メールアドレスはVMUGのアカウントを作成した際の情報があらかじめ入力されています。
Kivuto Solutionsサイト用のパスワードを新規に設定し、CAPTHAコードを入力して進みます。

プロファイル情報として自身の所属する会社名と規模を入力して「 Save 」を選択します。

ダウンロード可能なVMware製品の一覧が表示されます。

例としてvCenter Serverを選択します。
価格欄に「 Free 」と表示されており、追加費用無しで入手できるようになっていることが判ります。
「 Add To Cart 」を選択します。

「 Check Out 」を選択します。

VMwareのEULAに合意し「 I Accept 」を選択します。

VMUGのアンケートが表示されます。

  • 特に目当てとしている製品(上位3つ)
  • 他に評価しているソリューションはあるか
  • vCenter Server 5 Standardをどのように知ったか

何かしら回答を入力して「 Next 」を選択します。

発注確認画面が表示されます。
そのまま「 Proceed With Order 」を選択します。

プロファイル(社名、会社規模)の画面が表示されます。
そのまま「 Next 」を選択します。

発注完了画面が表示されます。
画面の赤い部分に当該製品のアクティベーションキーが表示されますので控えておきます。
「 Start Download 」を選択します。

vCenter Serverの場合、

  • 仮想アプライアンス(VCSA)6.0
  • Windows用インストーラ版(VIMSetup)6.0
  • vSphere Client6.0

以上の3プロダクトがダウンロード可能となります。
「 Download 」ボタンを選択します。

ダウンロードが開始されます。

入手したものを確認したところ、VMwareの公式サイトで配布されている60日評価版と全く同一でした。(ファイルサイズ、ハッシュ値が一致)
ですので、既にVMwareサイトから評価版を入手済みの場合には、ダウンロードは不要のようです。
(決済画面のアクティベーションキーだけ控えておけばOK)

以上で検証用ライセンスとインストーラの入手は完了です。


4. vSphere製品を自分の検証環境にインストールし、ライセンスを投入する

VMUGのサイトもしくはVMwareのサイトから入手したインストーラを用いて、自分の検証環境に環境を構築します(インストールの過程は本稿では割愛)。

インストール後の状態ではvSphere製品は「 評価モード 」のライセンスで稼働しており、60日後に使用不能となります。

そこでVMUG Advantage(EvalExperience)で購入したライセンスを投入し、1年間有効な状態に更新します。
以下、例としてvCenter Server用のライセンスを投入した場合の手順を記載します。

vSphere Web Clientにログインします。
画面上にライセンス切れが近いメッセージが表示されます。

01

02

「 管理 」→「ライセンス 」画面に移動し、ライセンスの追加を行います。
03

04

投入するライセンスに管理上の名前をつけることができます。
デフォルトの名前は「 ライセンス1 」で判りづらいので、
「 VMUG vCenter Server 6 license 1 」と変更しました。
05

06

ライセンスが登録されました。
有効期限が2016/8/11に設定されています。
07

この時点ではまだライセンスが管理簿に登録されただけで、vCenter Serverへの割り当ては完了していません。
「 ライセンスの割り当て 」ボタンを選択し、ライセンス適用画面を開きます。

08

先ほど登録したライセンスをvCenter Serverに適用します。
09

有効期限が2016/8/11に延長されました。

10

以上でライセンス適用は完了です。

1年後にライセンスを延長する場合には、追加でライセンスを購入して更新する必要があります。


おまけ:Hypervisorのライセンス

Hypervisorのライセンスはちょっと気づきにくいところにあります。

一覧の中から「 VMware vCloud Suite Standard 」を選択します。

「 Serial Number: 」と表示されたものがHypervisorのライセンスキーとなります。 

 vCloud Suiteでは以下の製品バイナリがダウンロードできます。
Hypervisorのインストーラは「 VMware-VMvisor-Installer-xxx 」が該当します。

VMwareのサイトで評価版として配布されているものと同一バイナリですので、
既に入手済みの場合には改めてダウンロードする必要はありません。

ライセンスをvShpereに登録すると、
「 VMware vCloud Suite Standard for vSphere 」として認識されます。

6CPUまでが利用可能です。
つまり、1ソケットサーバであれば6台、2ソケットサーバであれば3台まで本ライセンスを利用可能です。

ネストされたESXiホストで利用する際には、当該ESXiホストは仮想ソケット数を「1」で構成した方がお得、ということです。 

実際にこのライセンスをネストされたESXiホストに適用した後に、
利用可能な機能を確認しました。

 Enterprise Plus同等の機能が利用可能な状態でした。
ねんがんの vSphere Distributed Switch もりようかのうです。

 

 

自宅での業務サーバ稼働に関する覚え書き

ML350e

概要

自宅での個人的な検証用として、HPのサーバを買いました。
以下に挙げる2つの観点からメモを書き残します。

  • 使っていて気づいたこと、気をつけるべきこと諸々
  • 個人宅で業務用サーバを使う時のTips

本稿の環境

サーバ機種

HP ProLiant ML350e Gen8

正面図

選定時に気をつけたポイント

  • 新品購入はせず、オークションで探す。
  • DDR3メモリ搭載モデルであること。
     理由:DDR4対応モデルの場合、メモリ代が高くつくため。
        DDR3メモリなら中古市場での入手が容易かつ安価。
  • DDR3メモリ搭載モデルの中で、なるべく新しめの機種を探す。
     理由:機種が古すぎると、最大メモリ搭載量が少ない(32GBとか)
  • 自宅という設置場所の都合上、置き場所が限られるので、物理的なサーバ台数は1台に抑え、搭載メモリ量で勝負する
    例:最大32GB搭載可能の安いサーバを4台買うのではなく、128GB搭載できるサーバを1台買っていくスタイル

HDDの増設

業務用サーバが自作PCと大きく異なる点として、Diskの増設がひどく手間であることを思い知りました。

自作PCでのディスク増設

自作PCや一般的なデスクトップPCの場合、ディスク増設は下記のとおり、実に単純明快です。

  1. HDDないしSSDを用意する。
  2. 3.5インチシャドウベイにHDD/SSDをネジ止めする。

 

業務用サーバでのディスク増設問題点・考慮事項

自作PCと比較して、業務用サーバでのディスク増設の問題点について整理します。

まずHDDの搭載ベイが専用のドライブケージであるため、HDD/SSDをそのままでは搭載できません。そもそもネジ止めできません。

ドライブケージは写真が無かったのでマニュアルから引用しますと、
こんな外観↓をしたHDD搭載専用かごです。

19

ドライブケージの入手については、以下の問題点があります。

  • 業界標準規格ではないため、特定のメーカーの特定の機種の特定の世代に合致するケージを買う必要がある。
  • メーカー定価で買うと1~2万円近くする。
    あまり古いとメーカー直販や通販でも手に入りにくい。
  • オークションや中古市場で探す場合、特定の型番を狙って手に入れるのはなかなか難しい。

ドライブケージがあればもうOKかというとそれで話は終わりでは無く、

  • ドライブケージの接続先となるストレージカード(アレイコントローラ)を用意する
  • ドライブケージに適合するHDDマウンターを用意する

というハードルがまだ残っています。

アレイコントローラはPCIeスロットに搭載する増設RAIDカードです。
メーカー定価で8万ほどします。

マウンターはこんな感じ↓の外観をしており、HDDを囲い込むように取り付けます。

HPマウンタ
これまたメーカー及びドライブケージとの適合性を意識して型番指定で探さないといけません。

うちのサーバーですと、標準で3.5インチ×4ドライブ分のドライブケージが搭載されていました。
以下、標準搭載のHDDをSSDに換装した際の作業過程を記します。

  1. ドライブケージから既設のHDD(マウンター付き)を取り外し
  2. HDDからマウンターを取り外し
  3. 交換用SSDを3.5インチ変換アダプタに取り付け
    (本例では裸族のインナー for PC(型番:CRIN2535PC)を使用)
    DSC_5914

     DSC_5915

  4. 手順2.で既存HDDから取り外したマウンターを移植
    DSC_5918
  5. 手順1.で外したスロットに再実装

以上で完了です。

2本目以降のSSDを増設するためには、このマウンター(HP型番:652998-001)を追加で調達する必要がありますが、あまりにマイナーすぎる商品のためか、国内の通販サイト/オークションでは見つかりませんでした。
(海外の通販サイトに在庫がありそうなので、今のうちに2つくらい買っておこうかなと思っていますが、こんなプラスチックの板きれみたいなものに25~40ドル払うのはなかなかに業腹です)

また、搭載HDDの総数が5本目に達した場合は既存のケージでは足りなくなるため、新規にドライブケージとアレイコントローラを購入しなければなりませんが、入手性・費用面からみてあまり現実的では無いと考えています。

上記から、サーバのディスク増設について以下の方針を導き出しました。

  • ディスクを増設する際は、そのとき買える範囲内で可能な限り大容量のSSDとする。
    (小容量のSSDをちょこちょこと何本も増設、はしない方針)
  • ディスクの最大搭載本数は4本までと心得る。
    (アレイコントローラとケージの増設はよほどのことが無い限り、しない方針)

せっかくの業務用サーバーなんだからとディスクをじゃぶじゃぶ増設したくなるところですが、上記の経緯から増設にはとても慎重にならざるを得ません。

補足

その他に思いつく解決策として、サーバのローカル上のディスクを増やすのではなく、NFS/iSCSI対応のNASを用意することで、サーバーの外部(LAN上)にデータ保存域をオフロードする手段も考えられますが、

  • 家庭用のNASをNFS/iSCSIマウントしてデータストアとして使った場合に、パフォーマンスが出るのか疑わしい。
  • 常時稼働させる機械はなるべく少なくしたい。できればサーバ1台で全てを完結させたい。

という思いがあり採用を見送ります。

モニター接続設定

本体のD-sub15PinコネクタにフルHDのワイドモニターを接続して使用したところ、BIOSのPOST画面の後、画面に何も映らなくなりました。
画面サイズで「アスペクト」を選択することで映るようになりました。
(画面が映らなかった時は「フル」を選択していた)

 

■ESXi6.0(HPカスタマイズ版)はインストール失敗
 
下記に該当
 
原因
搭載されていたSAS Diskに既にパーティションがあったため。
 
対策
・KNOPPIXでブート
 失敗
 FDISKでディスクが見えず
 GUIが起動せず、GUIのパーティション操作ツール使えず
・Acronis True Image 2014
 失敗
 ディスクが見えず
・HDDを抜き取って他のwin7PCに接続し、
 「ディスクの管理」から当該HDDのパーティションを消去
 
 
上記対応後、ESXi6.0のインストール成功
 
 
 
 
■TIPS、メモ
電源ON時は非常に大きなファン音がする
その後もファン音が大きな状態は継続するが、
5分程度経過すると落ち着く(通常のデスクトップPC並に音が下がる)
 
 
ファンの音を静かにする設定
 
F9でRom-Based Setup Utility
Advanced Option -> 温度設定
最適なクリーニング に変更
 
 
 

iLO4

iLO4の統合リモートコンソールはChromeでは起動できませんでした。
IEで起動を確認しましたが、Advanced ライセンスが入っていないため2分程度でリモートコンソールが切断されます。
iLOのAdvancedライセンスはオークションで8000円程度で売られていますが、最初にモニターとキーボードを本体に直結してESXiをインストールしてしまったら基本的にコンソール画面を見ることは無いため 、このままとしました。
 
ちなみに、Advancedライセンスが無い状態でもサーバ本体の電源On/Offは可能です。
 
 
■電気代
起動時
ファン低速後

 

オンライン英会話チートシート

概要、目的

オンライン英会話を履修し始めた頃に欲しかった言い回し、Lesson中に言いたかったけど咄嗟に出てこなかった文言などをキャッチアップして整理しておきます。

あくまで英会話スタートアップ時のカンペであり、いずれはこれを見なくてもさっと口をついて出てくるようになるのが望ましいです。


開始時

こちらの音声が聞こえていますか?
こちらの映像は見えていますか?

Can you hear my voice?
Can you see my video?

テキストを指定する

今日はテキストブック”○○○”のLesson△を使用したいです。

Today, I want to use a textbook “○○○”, lesson△.

聞き取れなかった時

ごめんなさい、あなたの言葉を聞き取れませんでした。
もう一度ゆっくりお願いします

Sorry, I did not catch your words.
Once again slowly, please.

正しい発音を尋ねる

単語”○○○”の正しい発音について教えてください

Please tell me the correct pronunciation the word “○○○”.

意味の違いを尋ねる

”○○○”と”△△△”のニュアンスの違いについて教えてください

Please tell me the difference of nuance between “○○○” and “△△△”.

2つの表現のうちどちらが適切か尋ねる

どちらの表現が日常会話に適していますか?

Which expression is suitable for daily conversation?

回線の調子が悪いとき

Internet回線の調子が悪いようです。
こちらの声が聞こえますか?

The internet line seems to be bad condition.
Can you hear my voice?


表記ルール

見出し(h2)

日本語文(20px)

English (28px, blockquote)

補足説明


 

esxcliコマンドメモ(vSphere6.0環境)

VSS(標準仮想スイッチ)の操作

作業前の状態

vss-add_01

標準仮想スイッチの作成

esxcli network vswitch standard add -v スイッチ名

【実行例】
esxcli network vswitch standard add -v OpenStack

vss-add_02

※スイッチ名は任意のものを指定できるのですが、あくまで「vSwitchX」(Xは連番)という命名規則に従うのが望ましい、との見解もあります(下記)

vSphere ClientやWebClientといったGUIからの作成時、仮想スイッチ名はvSwitchをプレフィックスとして数値の連番が付きますが、vCLI からのスイッチ作成では、名前を自由に決めることができます。
とはいえ、あまり好き勝手な名前を付けていると管理上の混乱を招きますので、仮想スイッチ名はvSwitch<番号>を守るようにしたほうがよいでしょう。

『VMware自動化ガイド スクリプティングとワークフローによる管理テクニック』
(白山貴之/加藤学/清水亮夫/桂島航 著、2014年、翔泳社)
pp.40-41

ポートグループの作成

esxcli network vswitch standard portgroup add -p ポートグループ名 -v スイッチ名

【実行例】
esxcli network vswitch standard portgroup add -p OpenStack_Manage_Net -v OpenStack

vss-add_03

ポートグループにVlan ID付与

esxcli network vswitch standard portgroup set -p ポートグループ名 -v VlanID

【実行例】
esxcli network vswitch standard portgroup set -p OpenStack_Manage_Net -v 100

vss-add_04

標準仮想スイッチにアップリンク(物理NIC)割り当て

esxcli network vswitch standard uplink add -u 物理NIC名 -v スイッチ名

【実行例】
esxcli network vswitch standard uplink add -u vmnic1 -v OpenStack

vss-add_05

※例ではvmnic1にケーブル結線されていないため、「×」がマークされています。


 

削除は逆の手順で「remove」オプション付きで実行します。

標準仮想スイッチからアップリンク(物理NIC)削除

esxcli network vswitch standard uplink remove -u vmnic1 -v OpenStack

ポートグループのVlan ID割り当て解除

esxcli network vswitch standard portgroup set -p OpenStack_Manage_Net -v 0

※Vlan IDとして「0」(数字のゼロ)を指定することで、Vlan ID割り当てを解除できました

ポートグループの削除

esxcli network vswitch standard portgroup remove -p OpenStack_Manage_Net -v OpenStack

標準仮想スイッチの削除

esxcli network vswitch standard remove -v OpenStack

これで作業前の状態に戻りました。

vss-add_01

Ubuntu Python環境構築メモ

Python3のインストール有無確認

2015/04/23

kowloon@ubuntu:~$ python3 –version
Python 3.4.0

kowloon@ubuntu:~$

kowloon@ubuntu:~$ sudo apt-get install python3
パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています… 完了
python3 は既に最新バージョンです。
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 143 個。

Python3は最新の3.4.0がインストールされていた

kowloon@ubuntu:~$ python3
Python 3.4.0 (default, Apr 11 2014, 13:05:11)
[GCC 4.8.2] on linux
Type “help”, “copyright”, “credits” or “license” for more information.
>>>
>>>
[1]+ 停止 python3
kowloon@ubuntu:~$


iPython3

2015/04/23

kowloon@ubuntu:~$ apt list –installed | grep ipython3

WARNING: apt does not have a stable CLI interface yet. Use with caution in scripts.

kowloon@ubuntu:~$
kowloon@ubuntu:~$
kowloon@ubuntu:~$ sudo apt-get install ipython3
(省略)
kowloon@ubuntu:~$ ipython3 –version
1.2.1

kowloon@ubuntu:~$
kowloon@ubuntu:~$
kowloon@ubuntu:~$ ipython3
Python 3.4.0 (default, Apr 11 2014, 13:05:11)
Type “copyright”, “credits” or “license” for more information.

IPython 1.2.1 — An enhanced Interactive Python.
? -> Introduction and overview of IPython’s features.
%quickref -> Quick reference.
help -> Python’s own help system.
object? -> Details about ‘object’, use ‘object??’ for extra details.

In [1]:
[1]+ 停止 ipython3
kowloon@ubuntu:~$
kowloon@ubuntu:~$ exit


pytho3-pip

2015/04/23

kowloon@ubuntu:~$ apt list –installed | grep python3-pip

WARNING: apt does not have a stable CLI interface yet. Use with caution in scripts.

kowloon@ubuntu:~$

kowloon@ubuntu:~$ sudo apt-get install python3-pip
(省略)
kowloon@ubuntu:~$ apt list –installed | grep python3-pip

python3-pip/trusty-updates,now 1.5.4-1ubuntu1 all [インストール済み]
kowloon@ubuntu:~$
kowloon@ubuntu:~$
kowloon@ubuntu:~$ pip3 –version
pip 1.5.4 from /usr/lib/python3/dist-packages (python 3.4)
kowloon@ubuntu:~$
kowloon@ubuntu:~$ exit


Numpy

2015/04/23

kowloon@ubuntu:~$ ipython3
Python 3.4.0 (default, Apr 11 2014, 13:05:11)
Type “copyright”, “credits” or “license” for more information.

In [1]: import numpy as np # Numpyモジュールのインポートを試みる
—————————————————————————
ImportError Traceback (most recent call last)
in ()
—-> 1 import numpy as np

ImportError: No module named ‘numpy’ #まだNumpyモジュールが無い

In [2]:
[1]+ 停止 ipython3
kowloon@ubuntu:~$

kowloon@ubuntu:~$ sudo pip3 install numpy
Downloading/unpacking numpy
(省略)
Successfully installed numpy
Cleaning up…

kowloon@ubuntu:~$ ipython3
Python 3.4.0 (default, Apr 11 2014, 13:05:11)

In [1]: import numpy as np # Numpyモジュールのインストール成功

In [2]: data = [1,3,5,7,9] # 配列用のデータを作成

In [3]: array1 = np.array(data) # Numpyの配列に格納

In [4]: array1
Out[4]: array([1, 3, 5, 7, 9]) # 配列の中身が出力された

Numpyモジュールのインポートと使用が可能であることを確認


Pandas

2015/04/23

kowloon@ubuntu:~$ ipython3

In [1]: from pandas import Series # Numpyモジュールのインポートを試みる
—————————————————————————
ImportError Traceback (most recent call last)
in ()
—-> 1 from pandas import Series

ImportError: No module named ‘pandas’ # Numpyモジュールが存在しない

kowloon@ubuntu:~$ sudo pip3 install pandas
Downloading/unpacking pandas
Downloading pandas-0.16.0.tar.gz (4.8MB): 4.8MB downloaded
(省略)
Successfully installed pandas python-dateutil pytz
Cleaning up…

kowloon@ubuntu:~$ ipython3
Python 3.4.0 (default, Apr 11 2014, 13:05:11)

In [1]: from pandas import Series  # pandasをインポート

In [2]: obj = Series([1,3,5,7,9]) # pandasのデータ構造であるSeriesに配列を格納

In [3]: obj
Out[3]:
0 1
1 3
2 5
3 7
4 9
dtype: int64

In [4]: obj.sum() # 配列に格納した値の合計値を算出
Out[4]: 25

Pandasモジュールのインポートと使用が可能であることを確認


 

requests, requests-oauthlib

PythonからTwitter関連の操作をするため、requests, requests-oauthlibをインストール

2015/10/13

kowloon@ubuntu:~$ sudo pip3 install requests
Requirement already satisfied (use –upgrade to upgrade): requests in /usr/lib/python3/dist-packages
Cleaning up…

→requestsは予めインストールされていた。

kowloon@ubuntu:~$ sudo pip3 install requests-oauthlib
[sudo] password for kowloon:
Downloading/unpacking requests-oauthlib
Downloading requests_oauthlib-0.5.0-py2.py3-none-any.whl
Downloading/unpacking oauthlib>=0.6.2 (from requests-oauthlib)
Downloading oauthlib-1.0.3.tar.gz (109kB): 109kB downloaded
Running setup.py (path:/tmp/pip_build_root/oauthlib/setup.py) egg_info for package oauthlib

Requirement already satisfied (use –upgrade to upgrade): requests>=2.0.0 in /usr/lib/python3/dist-packages (from requests-oauthlib)
Installing collected packages: requests-oauthlib, oauthlib
Running setup.py install for oauthlib

Successfully installed requests-oauthlib oauthlib
Cleaning up…
kowloon@ubuntu:~$

→requests-oauthlibのインストール成功


uWSGI

sudo pip3 install uwsgi

ubuntu@web01:~$ sudo pip3 install uwsgi
Downloading/unpacking uwsgi
Downloading uwsgi-2.0.12.tar.gz (784kB): 784kB downloaded
(略)
Successfully installed uwsgi
Cleaning up…


 

Flask

ubuntu@web01:~$ sudo pip3 install flask
Downloading/unpacking flask
Downloading Flask-0.10.1.tar.gz (544kB): 544kB downloaded
(略)
Successfully installed flask Werkzeug Jinja2 itsdangerous MarkupSafe
Cleaning up…


 

 

VMUG EVALExperienceのライセンスについて中の人に問い合わせたメモ

概要

VMware vSphereの評価・検証用ライセンスプログラムの一形態として、VMUG(VMWARE USER GROUP)が展開する「 VMUG EvalExperience 」があります。

かつてMicrosoftが展開していた「TechNet Plus Direct」のVMware版と言えば、イメージは伝わるかと思います。

個人でも年間200ドル(Individual Package)で以下の製品が検証用途に限り利用可能になります。
(2015/04/20時点)

  • VMware vCenter Server™ 5 Standalone for vSphere 5
  • VMware vSphere® with Operations Management™ Enterpriske Plus
  • VMware vCloud Suite® Standard
  • VMware vRealize™ Operations Insight™
  • VMware vRealize Operations™ 6 Enterprise
  • VMware vRealize Log Insight™
  • VMware vRealize Operations for Horizon®
  • VMware Horizon® Advanced Edition
  • VMware Virtual SAN™

上記の通り、vSpehre5環境向けのvCenter Server及び管理系製品(vRealize Suite)とVSANが使えることはサイトの説明から判るのですが、

  • Hypervisorのライセンスは含まれるのか?(vDSを使いたいため)
  • vSpehre6.0にも利用可能なのか?

の2点については2015/04/20時点では記載がなく不明だったため、中の人に問い合わせを行いました。

VMUG EvalExperienceのサイトでは、EVALExperience now fully supports 3 hosts! と書かれているのですが、vDSを使えるレベルのライセンスが含まれているのか読み取れません。
04


結果

問い合わせの結果、以下の点が判りました。

  • Hypervisor用のライセンスは含まれる。
  • 近日中に、vSphere6.0環境でも本検証ライセンスが利用可能になる
    (2015/5/11、vSphere6向けのライセンスが追加されたことを確認しました)

詳細

実際に問い合わせたメール本文と、VMUG側からの回答をほぼ原文ママで掲載します。

ご留意事項:
問い合わせメールに英語の文法誤りなどを見つけた場合などはコメント欄に書かず、@_kowloon宛てにこっそり指摘するのが優しさというものであり推奨手順となります。

問い合わせメール

2015/04/20、advantage@vmug.com 宛てに以下のメールを送りました。

Dear Sirs.

My name is XXXX XXXX.

I am now considering the purchase of
VMUG advantage (Individual Package).

Please let me ask some questions about the
VMUG Advantage Evalexperience.

Q1. “License for Hypervisor”
Does “VMUG Advantage” includes the license for Hypervisor?

Reason for the Q1:
I do want to evaluate vSphere by VMUG Adavantage license with
“vSphere Distributed Switch(vDS)” function is enabled.
But, In order to use the vDS,
usually I must have a “Enterprise Plus license” for Hypervisor.

If your answer of Q1. is “Yes, It is included.”
->As long as I continue to purchase the VMUG annual license,
I can use the vDS on evaluation environment.

If your answer of Q1. is “No, It is NOT included.”
->If I want to use the vDS, I must
-reinstall the hypervisor to 60-day intervals.
or
-purchase the Enterprise Plus Licence per Hypervisor.

Those understanding are correct?
Please be pointed out if I have wrong understanding.

Q2. “The Scope version of VMUG Advantage”
Can “VMUG Advantage license” apply to the vSphere6.0?

Reason for the Q2:
According to the description of the site below URL,
described only “vCenter Server 5 standalone for vSphere5” .
There is no description about “vSphere6.0”.

http://www.vmug.com/EVALExperience

Is “VMUG Advantage license” only for vSphere5?
(includes vSphere5.5?)
I am looking forward to hearing from you.

Sincerely,

上記、問い合わせメールを日本語で書きますと、

ご担当者様

XXXX XXXX(名前)と申します。

私は今、VMUG advantage (Individual Package)の購入を検討しています。

VMUG EvalExperienceについて、いつくか質問させていただけますでしょうか。

Q1. “ハイパーバイザー向けのライセンス”
“VMUG Advantage”はハイパーバイザー用のライセンスを含んでいますか?

Q1.の理由:
私はvSphereをVMUG Advantageライセンスを用いて、”vSphere Distributed Switch(vDS)”を有効化した状態でめっちゃ検証したいです。
しかしながら、vDSを使うためには、通常は”Enterprise Plus license”がハイパーバイザー用に必要です。

もしQ1.に対する回答が”はい、ライセンスは含まれます”の場合、
->VMUGの年間ライセンスを更新する限り、検証環境でvDSを利用できる。

もしQ1.に対する回答が”いいえ、ライセンスは含まれません”の場合、
->vDSを使いたければ、以下のいずれかが必要
 - ハイパーバイザーを60日おきに再インストールする
 もしくは
 - ハイパーバイザー向けにEnterprise Plusライセンスを購入する

上記の理解で正しいでしょうか?
私の理解に誤りがあればご指摘をお願いします。

Q2. “VMUG Advantateの適用対象バージョン”
“VMUG Advantage license”はvSphere6.0に適用可能ですか?

Q2.の理由:
下記URLの記述では、”vCenter Server 5 standalone for vSphere5″についてのみ記述されています。
“vSphere6.0″についての記述はありません。

http://www.vmug.com/EVALExperience

“VMUG Advantage license”はvSphere5専用なのですか?
(vSpehre5.5は含まれますか?)

ご返答をお待ちしております。

敬具

VMUGからのご返答

2015/04/21、VMUGより以下のご回答をいただきました。

Hi XXXX XXXX.

Thanks for reaching out. My name is XXXX XXXX.
Below is are my answers to your questions:

Q1: License for Hypervisor”
– Does “VMUG Advantage” includes the license for Hypervisor?

A1: Yes, VMUG Advantage does provide license for the hypervisor

Q2: “The Scope version of VMUG Advantage”
– Can “VMUG Advantage license” apply to the vSphere6.0?

A2: VMUG Advantage will have licenses for version 6 very soon!

Let me know if you have any questions.

Thank you,


回答内容から、以下が判りました。

  • ハイパーバイザー向けのライセンスは含まれる。
  • vSphere6用のライセンスが近日中に追加される。

ハイパーバイザー向けライセンスはvDSが利用可能なものなのかについて、回答メールでは明確に書かれていないのが少し気になります。。

2015/05/11追記

対象プロダクトにて、「 VMware vCenter Server Standalone for vSphere 6」が追加されたことを確認しました。
16 

 


2015/05/27追記

2点疑問があったため、追加の質問を行いました。

  • ハイパーバイザーのライセンスはvDSが利用可能なものか。
  • VMUGの対象プロダクトに
    「VMware vCenter Server Standalone for vSphere 6」
    と記載されているが、Standaloneなどというエディションは無いはずで、
    これって単純に「Standard」エディションの間違い?

問い合わせメール

2015/5/21、advantage@vmug.com 宛てに以下の追加質問メールを送りました。

Dear XXXX,

This is XXXX XXXX,
I asked you about VMUG license on 1 month ago.

Thank you for your replying.
Please let me ask further questions.

My Question(On April 20, 2015):
> License for Hypervisor” – Doses “VMUG Advantage” includes the license for Hypervisor?

Your Answer:
> A1: Yes, VMUG Advantage does provide license for the hypervisor

Q1.
Can this license use vDS function?
(License that corresponds to the Enterprise Plus?)

According to the description of the site below URL,
VMUG Advantage newly includes vSphere 6 license.

http://www.vmug.com/EVALExperience
=========================
Included products are:

VMware vCenter Server Standalone for vSphere 6
=========================

Q2.
The license level is written as “vCenter Server Standalone”.
Is this a mistake of “vCenter Server Standard”?

Q3.
About the license level of VMUG Advantage,
Is it correct in the understanding following?

– license for vCener Server
–>Standard license

– license for Hypervisor
–>Enterprise Plus license(vDS capable)

I look forward to hearing from you.

Sincerely,


VMUGからのご返答

2015/05/27、VMUGより以下のご回答をいただきました。

Hi XXXX,

Thanks for reaching out.  To follow up with the answers to your questions:

1. vDS will come with vSphere 6 license in EVALexperience

2.  It is vCenter standard! Thanks for catching that error.

Let me know if you have any questions.

Thanks,

回答を要約すると、

  • vSphere6用ライセンスにvDSはついてくるよ。
  • vCenter 「Standard」だよ。「Standalone」は間違いだったよ。

となります。