体重・体脂肪率テーブルの作成

データベースの作成

データベース「diet」を新規作成

 

データベースの選択

データベース「diet」に移動

テーブルの作成

投入するSQL文

実機ログ


レコードのテスト投入(手作業)

想定通りの値を格納できるかを確認するため、以下のエントリを手動で投入

  • 日付(date):   2015/9/20
  • 体重(weight):  53.7 (kg)
  • 体脂肪率(body_fat): 15.3
  • 目標体脂肪率(body_fat_goal): 12.0
  • 体脂肪変動率(body_fat_divergence): 0.784314
  • 摂取カロリー(kcal): 2375 (kcal) 

投入SQL文

実機ログ

問題なく値を投入可能であることを確認した。

テスト用レコードの一括投入(Pythonスクリプト)

以下のPythonスクリプトを作成し、テスト用のデータを一括で投入できるようにした。

動作仕様(ざっくり)

  1. テストエントリの最初の日付を指定(12行目)
  2. mysql-connectorを使いMariaDBにPythonから接続(15行目)
  3. 体重、体脂肪率、摂取カロリーをrandom()関数で生成。必要あれば小数点以下を整理(24, 28, 38行目)
  4. 現在の体脂肪÷目標体脂肪 で体脂肪変動率を算定し、小数点以下第7位で四捨五入(35行目)
  5. SQLのInsert文を生成して実行(41, 49, 50行目)
    文字列連結を行うので、各変数をstr()関数で文字列型に変換
    (int型、float型のままにしておくとエラーになる)
  6. 日付を1日加算(53行目)
  7. ループの先頭に戻り、項番3から6を実行する(19行目で指定した日数分、ループ処理)

スクリプト本体(diet_testdata.py) ※Python3環境で動作

スクリプトの動作確認

事前にテーブルをTruncateしてまっさらにする。

pythonスクリプトを実行

テーブルを再確認

想定通り365日分の疑似データが投入された。