Mac OS X Go言語導入とPyCharm5での開発環境整備

概要

Mac OS XでGo言語(Golang)の環境を整えた際のメモです。
(2016/3/30時点)

環境

  • OS X Yosemite  ver. 10.10.5
  • $ go version
    go version go1.5.1 darwin/amd64
  • PyCharm5
    PyCharm5 Community Eddition Version 5.0.1

Goのインストール

brew install go

 

Golang用のディレクトリを作成し、パスを通します。

本例ではGOPATHのパスを以下としました。
/Users/kowloon/go

コンパイルされたGolangパッケージの保存先を作成します。

Golangのソースファイル保存先を作成します。

環境変数その他を確認します。

動作確認

ソースコード用ディレクトリに移動します。

テスト用のHelloWorldを作成し、実行できることを確認します。

 

Go言語として最低限の動作確認ができたところで、引き続きIDEのPyCharm5でのGo言語開発環境を整えます。


PyCharm5へのGo環境整備

Golang用プラグインの導入

PyCharm5を起動します。

PyCharm -> Preferences -> Plugins
“Browse Repositories”

「Go」を選択してインストール実施します。

SDKの指定

Golangのプラグインをインストールしただけでは、
「SDKが未導入」の警告が表示されます。
そこで以下手順によりパスを指定します。

PyCharm -> Preferences -> Languages & Frameworks
     -> Go
            ->Go SDK

Pathに以下を指定
(HomeBrewでGolang1.5.1を導入した場合。環境により変動)
/usr/local/Cellar/go/1.5.1/libexec

 

GOPATHの指定

「GOPATHが未指定」と警告が出たので
警告ダイアログからGOPATHのディレクトリを指定します。
(GOPATHの場所はインストール直後に指定済み(前掲))

本例では$GOPATHとして以下を指定しました。
/Users/kowloon/go

 指定後、GOPATHに関する警告が消えます。

PyCharmでのテストプログラム実行

PyCharmでGoの新規プロジェクトを作成
プロジェクト作成時、InterpreterとしてPythonのものが指定された状態ですが、このままプロジェクト作成します。

※ここでInterpreterにGo用の”何か”を指定する必要があるのか不明です。
そもそもGo言語はインタプリタ型言語ではないので、指定しても使われないような気がします。。
↑↑認識間違ってたらご指摘願いますm(_ _)m

テストプログラムを作成し、Runを実行します。

PyCharm下部に実行結果が表示されました。

Build and runも実行できることを確認しました。

 

以上でMac OS X環境へのGo言語の導入、及びPyCharm5での開発環境の整備は完了となります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)